ここから本文です

「グッドモーニング・コール」まいんちゃん、怒られる

Smartザテレビジョン 7/20(水) 6:00配信

福原遥、白石隼也のW主演によるドラマ「グッドモーニング・コール」('16年2月からフジテレビオンデマンド、Netflixで配信)のDVD&Blu-ray BOXが7月20日(水)に発売される。発売を前に、福原、白石、さらに桜田通の3人に話を聞いた。

【写真を見る】福原遥、遊園地ではしゃぎ過ぎてスタッフに怒られる!?

【「グッドモーニング・コール」桜田通が共演者を語る より続く】

――皆さんのお薦めのシーンや印象に残ってるシーンを教えてください。

福原:いっぱいあります。結構、原作通りにやってて漫画の絵を見ながら仕草とかも全部まねしてるんで、多分原作ファンの方には「そのままだ!」って思ってもらえるんじゃないかなって。

桜田:DVDだったら、漫画読みながら見られるね。

福原:うん、確かに!

桜田:好きなシーンはいくらでもあって、1話はやっぱり好きですね。2人が、屋上でカメラに芝居しているシーンがいいよね。

福原:ああ、チャック!?

桜田:チャックが開いていて、上原君に近寄られている顔。風が吹いたんでしょ?

福原:そう、奇跡的に。

桜田:1話のそのシーンを見て、「ああ、ラブコメだ!」と思って。すごく楽しかったですし。

福原:キュンキュンするシーンが、結構いっぱいありますよね。

桜田:家とかで騒いでいて、登場人物が全員家にいるシーンは楽しかったです。まりな(荒井萌)、みっちゃん(永嶋柊吾)もそうだし。本当にわちゃわちゃしていて、見ていて楽しい気分になるんじゃないかなと。ワンカットのところは、あらためて注目して見てほしいかもしれないですね。

福原:バレンタインの回とかも、本当に“ザ・恋愛ストーリー”みたいな感じで。雨の日に傘をささないでっていうシーン。

白石:最初のころのシーンが、やっぱり印象に残っていますね。初めてコタツに一緒に入るシーンが2話くらいであって、そこのせりふをずっと覚えてて。

福原:1番覚えてる!

白石:リハとかでずっとやってたんで、一語一句間違えずに撮影最終日までそのせりふが頭に入ってて。もしかしたら、今でも覚えてるかもしれない。すごい印象に残ってたんです、「(足が)冷てっ!」ってやつ。「しょうがないだろう。バイトで芯から冷え切ってるんだから」って。

福原:菜緒が「コタツはいいでしょう」「別に入れてあげてもいいけど」みたいな。

白石:そうそう。そのシーンをずっと覚えてて、最終回くらいまで2人でコタツに入るたびに、全然関係ないのにそのやりとりをやっていましたね。

桜田:あと、水族館もせっかくだから注目してほしいですね。動物たちに注目してください! アルパカとペンギンに注目していただければ。

福原:もう爆笑でした。

桜田:素晴らしかったよね?

福原:素晴らしかった! テンションを上げないとねって言って、お互いお菓子を持っていって2人でお菓子パーティーをしてたんです。

桜田:お菓子しかなかったんですよ、僕らに残された楽しみは。

福原:楽しみがそれしかなかったんですよ。そしたらアルパカがいて、一気にテンション上がりました。

桜田:アルパカが全然動かないんですよ。3匹とも同じ方向を向いて、ずっと5分くらいボケッと止まってるから、最初は人形かと思っちゃって。

福原:あっ、動いた!と思って。

桜田:アルパカじゃなくない? カピバラだね。馬鹿だね、僕ら。カピバラのトイレシーンをずっと見せられました(笑)。ずっと止まっていて、目的が分からないんですよ。気付いたら目を閉じて寝てたし。

福原:めっちゃ面白くて、ずっと写真に撮ってましたね。

桜田:あと、スカイツリーのパフェもうまかったよね。

福原:あめで出来た大きいタワーで、おいしかったですね。

桜田:撮影で結構いろんな所に行ったよね。神社もみんなで行ったし。

白石:あぁ、おみくじね。

福原:おみくじを撮影が終わった後にみんなで引きに行って、私と白石さんだけ大吉が出たんですよ。

桜田:大ちゃんは中吉でした。

福原:微妙…(笑)。すごく楽しかったですね。

桜田:いろんな所に行ったからね。2人は遊園地にも行ってるし。

福原:終わった後にみんなで遊園地に行って、楽しみ過ぎてスタッフさんに注意されました(笑)。

桜田:ちょっと怒られちゃった?

福原:そう、ちょっとだけ。「行きますよ!」って。

桜田:遊園地だからしょうがないよ。

福原:チケット買って並んでたんですけど、ちょっと怒ってたから払い戻してもらって帰った。

桜田:しょうがないんだよ遊園地だから。

――皆さん、青春エピソードってありますか?

桜田:もう仕事していて、学校もちゃんと行けてなかったので、学校生活での青春みたいなことはあまりなくて…。

その代わりに、現場で同年代の人と仲良くなったっていうのもなくて。20歳過ぎてからの方が青春ですよ。ここ最近の方が現場も楽しいし、人と仲良くなることができるようになってきたので、「あぁ、青春を取り戻してる!」って思っています。

――青春真っただ中ですね。

白石:この業界に入る前、高校生の時に付き合ってた女の子と遊んでたら、「バレー見なきゃいけないから帰る」って言われて、本当にバレーを見に帰っちゃったんですよ。その後すぐ振られたんですけど、シーズンのたびに思い出しますね。かなり衝撃的でした。

桜田:高校時代はサッカーやってたんでしょう? サッカー部って、イメージ的には青春っぽいよね。サッカー部でモテてたら最強じゃないですか!?

福原:確かに! 私はテニス部入りたかったんですよ。でも、吹奏楽部でクラリネットをやってました。

桜田:それも、なんか青春じゃん?

福原:コンクールに出るために毎日練習して、朝練もやって、土日も全部部活でした。コンクールの日も仕事が入らないようにしてもらったりしてて、それは青春でしたね。

桜田:いいねえ。

――桜田さんも今から?

桜田:今から青春を取り戻します!

――最後に、DVD&Blu-ray BOX発売に向けてメッセージをお願いします。

桜田:本編はやるだけのことはやりましたし、いろんなところでお話ししていますけど、思い返すと撮影の現場にメーキングの方がずっといたなと思って。

白石:そうですか? あの人そんなにいなかったでしょ。

桜田:えっ!? 僕はずっといるなと思ってたけど…。

福原:新キャラが出るときだけですよね?

白石:そう。あの人、大事なところ何も撮ってないよ。

桜田:そうなんだ。

福原:新キャラのためだけに来て、撮ったら帰っちゃって。

桜田:スタジオに結構いたと思ってたんだけどね…。

白石:大地がいる時まではいたんだね。

桜田:スタジオにもいたし、イベントもずっと撮っていて、特典盛りだくさんっていううわさを聞いているので、DVDやBlu-rayはそっちを楽しみにしてもらえたらと思います。コメントも取っていたので、「ここは、こういう気持ちで撮影してたんだ」とか当時の心境が分かると思います。そういうところを楽しんでほしいです。

白石:特典映像で、僕が監督をやったスピンオフドラマが入るらしいです。僕の初監督作品になるので、ぜひ見てほしいですね。

福原:私たちも見てないんですよ。私たちは出てないので、すごい気になりますね。

白石:阿部くん(長澤航也)が主演です。

福原:阿部っち、どうなってるんだろう?

白石:阿部っち格好いいよ! この間、編集の時にタイトルを決めようという話になって、タイトルを「阿部編」にしたんですよ。ってことは、他の「編」もあるのか?って匂わせつつ。21分という、割と長いドラマになっています。

福原:「グッドモーニング・コール」の原作を私たちも大事にして、漫画をいっぱい見て研究して本番をやったので、原作のキャラや世界観が同じように出せていると思います。キュンキュンシーンもたくさんあって、見ていて幸せな気持ちになるんじゃないかなって思うので、ぜひ何度も見てほしいですね。

最終更新:7/20(水) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

なぜ今? 首相主導の働き方改革