ここから本文です

有楽町のアジア料理店でパクチーの創作料理を味わう!

東京ウォーカー 7/20(水) 12:02配信

アジア・エスニック料理の「オリエンタルマーケット猛烈食堂 有楽町店」が7月4日にリニューアルオープン。パクチーをメインにしたハーブ&スパイス専門店として多国籍な料理を提供する。

【写真を見る】見た目のインパクトがすごい「長すぎる!?花束生春巻き」(853円)は、実はパクチーは根っこもおいしいという発想から生まれたメニュー

■ オープン記念イベントも

農家直送の「生のハーブ」や「有機栽培のパクチー」を使用した料理を味わえる同店。洋食や和食、アジア料理を融合させた見た目にも味にもこだわった創作料理を楽しめる。

オープン記念として、7月31日(日)まで開催される「○○すぎる!?日替わり猛烈メニュー」フェアでは、パクチーをふんだんに盛り込んだ多彩なメニューが登場する。月曜は、ニンニク香るエビを盛り付けた「高すぎる!?俺のガーリックシュリンプ」(1069円)、火曜にはパクチーを根っこごと巻いた「長すぎる!?花束生春巻き」(853円)などがラインナップ。また、水曜日にはパクチーをハイボールとドッキングさせた「多すぎる!?バケツdeパクチーハイボール」(734円)といったユニークなドリンクもお目見え。

レギュラーメニューも充実しており、豚バラを巻いたパクチーの天ぷら「根っこ」(961円)やパクチーソースで作ったナシゴレン「パクゴレン」(1069円)など、パクチーを使った創作料理が並ぶ。「東南アジア料理を中心に多彩なメニューを味わえるアジアンダイニングです。色とりどりの料理とスパイスにカラフルな食器を使った、『食彩』と『色彩』豊かな食卓をイメージしています。心も体もリフレッシュできる料理を食べに、ぜひご来店ください』(店長の武藤允周さん)。

バラエティに富んだパクチー料理を味わえる店で、パクチーの新たな食べ方を発見してみては。【東京ウォーカー】

最終更新:7/20(水) 12:02

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革