ここから本文です

足立梨花、共演の松岡茉優を「意識しています!」

Smartザテレビジョン 7/20(水) 13:00配信

松岡茉優主演で、水族館に出向することになったOL・由香(松岡)の奮闘を描くドラマ10「水族館ガール」(毎週金曜夜10:00-10:50NHK総合)。そこで、由香の友人・久美子を演じているのが足立梨花だ。

【写真を見る】同年代の松岡茉優を「意識している」と語った足立梨花

由香と同じ四つ星商事に勤める久美子は、由香が水族館に出向した後も彼女のことを気にかけて連絡を取りあっているが、ある男性に恋したことで、複雑な思いを抱えることになる。

クランクアップしたばかりの足立を直撃し、久美子のキャラクターや、同年代で自身同様、女優業、バラエティーと幅広い活躍を見せる松岡への思いを語ってもらった。

――まずは、クランクアップしたご感想をお聞かせください。

私が演じた久美子は、水族館の人ではなかったので、みんなといる時間は少なかったですが、茉優をはじめ、知っている人が多くて楽しい現場でした。それだけに撮影が終わるのは寂しいですね。水族館は、この2~3カ月で何十回と来て、あらためてその魅力を知ることができました。

プライベートでイルカライブを見たら「裏では、とても大変なんだよな」と考えて、よりいっそう感動しそうです。

――あらためて久美子はどんな女性だと思いますか?

久美子は、格好よくて、仕事ができて、絶対由香の味方だと思っていたのですが、途中「あれ?」と思う行動もあって…久美子も一人の女の子なんだなと思いました。でも、本当はいい子なので、「みんな、嫌わないで!」と思って演じていました(笑)。

――久美子にとって由香はどんな存在でしょうか?

二人はこれまでずっと仲が良かったのでしょうし、ちょっとドジなところがある由香を久美子がうまくフォローして、いいバランスだったんだろうなと思って演じていました。由香が自分にないもの、人を引き付ける“人間力”のようなものを持っているので、久美子からすると尊敬する部分があったのだと思います。だからこそ、助けてあげたいと思ったのかなと思います。

――足立さん自身は、由香を演じる松岡さんのことを、どのように見ていますか?

「あまちゃん」('13年、NHK総合ほか)で共演したときは“GMT”と“アメ女”という別々のアイドルチームのメンバーを演じたので、それほど絡む機会はなかったんです。でも、茉優が高校の後輩だったので、その縁でお互いのグループのメンバーも交えて話をするようになりました。

今回久々に共演したのですが、「モーニング娘。'16が好き」という話をするときのキラキラした顔など、知らなかった顔を見せてくれたり、私は私でアニメの話ばかりして少し引かれたり、お互いの新たな一面を知ることができました。よりいっそう仲良くなれたかなと思います。

――お互いに女優としての活躍はもちろん、バラエティーにも多く出演されていますが、その面で意識されることはありますか?

正直に言うと、嫉妬しますね(笑)。(共演した)芸人さんに会うと、「あの子はすごいね!」とよく言われるんです。「何で私にそういうこと言うんですかー!(笑)」と怒ったふりをしたりしますが、「芸人さんにそう思わせる茉優って、すごいな」といつも思います。

お芝居も、バラエティーでの立ち回りもすごくうまいし、MCもできるポジションだし、彼女はどう思っているか分かりませんが、私は勝手に意識しています。

――由香を通じて仲良くなる今田役の澤部(佑)さんとの共演はいかがでしたか?

澤部さんは、もともとバラエティーでもずっと一緒だったので、(お芝居が)やりやすかったです。久美子は、今田のことを恋愛対象として意識していないので、自然と近い距離で接していて、それに今田さんはドキドキするんですね。

そんなふうに、フレンドリーに接する役なので、もともと澤部さんと仲良かったことがプラスに働いたと思います。自然な距離感でお話できますし、休憩中も冗談を言い合っていたんです。

「もっとちゃんと、好きっていうアピールしてくださいよ」と私が言うと、「いや、あなただとできないんだよ!」と澤部さんが返したり(笑)。そんな距離感がうまく出ていると思います。

――ちなみに、四つ星チームではどんなことをお話されていましたか?

(森下課長役・木下)ほうかさんも、バラエティーでお会いすることが多くて、仲良くしていただきました。他にも、会社の後輩・舞美役の今井れんちゃんや、亜里沙役の秋月三佳ちゃんは同年代だったので、連絡先を交換して女子トークをしました。

うわさでは、ほうかさんと(由香の元恋人・矢神役の)西村元貴さんも二人で飲みに行ったそうですし、四つ星チームも仲悪そうに見えて仲いいんです。

――最後に終盤に向けて見どころをお願いします。

ここから、怒濤(どとう)の展開が待っています。それに、最終回にもイルカショーのシーンがあるのですが、みんな撮影を楽しんでいましたし、すてきなシーンになっていると思います。

視聴者の皆さんに「水族館に行きたいな」「仲間っていいな」と思ってもらえたらうれしいです。そして、久美子の恋の行方にも注目してほしいです。最終回では、久美子と彼女が選んだ相手とのラストに爆笑していただければと思います(笑)。

※7月22日(金)は休止。同日放送予定だった「水族館ガール」第5回は、7月29日(金)夜10時からに放送日時を変更。

最終更新:7/20(水) 13:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集