ここから本文です

パルコミュージアムが池袋に移転、初の展覧会は「働きマン」の安野モヨコ展

東京ウォーカー 7/20(水) 20:15配信

1981年の誕生以来、アート・カルチャーの発信拠点だった「パルコミュージアム」が9月1日(木)よりリニューアルオープン。渋谷パルコ(パート1、パート3)が8月7日に一時休業することに伴い、池袋パルコに移転することが決定した。

【写真を見る】安野モヨコの「ハッピー・マニア」

池袋の「パルコミュージアム」では、9月1日から同26日(月)まで「安野モヨコ展 『STRIP!』 PORTFOLIO 1996-2016」を開催。「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの人気作を生み出してきた、漫画家・安野モヨコの全仕事を網羅する初めての大規模個展となる。

今回の個展では、安野の20年を超える画業から選りすぐりの原画を展示するとともに、単行本未収録のためにファンの間で「幻」と言われてきた「さくらん」第二部の原稿も展示。さらに、同時刊行される作品集「安野モヨコ 『STRIP!』 PORTFOLIO 1996-2016」も展覧会場で先行発売される。

これまでも国内外の熱気あふれるアートシーンの流れを紹介してきた「パルコミュージアム」。リニューアルを飾るにふさわしい大規模個展で、人気漫画家の世界観堪能しよう!【東京ウォーカー】

最終更新:7/20(水) 20:15

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。