ここから本文です

フォトグラファーMaikoのロサンジェルスガイド 【番外編・LA在住のチョークアーティスト】

エイ出版社 7/20(水) 17:00配信

ロサンジェルスのヒトを紹介

ロサンジェルスに拠点を置く女流フォトグラファーMaikoが、ロサンジェルスでいま注目されているショップやエリアを紹介。小柄な身もなんのその、ファッションからフードまで、実際にMaikoが歩き回って仕入れた情報を続々更新する。

今回は番外編。ロサンジェルスのヒトを紹介する。ロサンジェルス在住のチョークアーティスト、Joyce Chaiさん。ロサンジェルス出身の韓国系アメリカ人だ。彼女は幼いころから創作することや絵を描くことが好きだったという。

デザイナー兼イラストレーター、そしてチョークアーティストとして働く日々

そんな彼女の本業はデザイナー兼イラストレーター。現在はシルバーレイクのデザインスタジオで働いている。チョークアートは3年前から趣味として始め、今では副業になった。本業はコンピューターを使ったデジタルデザイン、副業のチョークアートはハンドペイント。そのバランスがおもしろい。

彼女がチョークアートを生み出す現場を取材

彼女が依頼を受けるのは、カフェやオフィスであったり、ウエディングやイベントのボードであったりする。今回はカフェLavender and Honeyでチョークアートの様子を撮影させていただいた。

チョークアートを形にするまで

チョークアートを手掛けるとき、彼女はまずその場所の雰囲気をみる。そして話し合いながら全体のスタイルやフォントなどを決めていく。チョークアーティストは、ボードに下描きをする人や、アイデアが浮かんだら一気にチョークで描き上げてしまう人など様々。彼女の場合は、チョークで描き始める前にスケッチをしてアイデアをまとめるやり方だ。

シンプルな中にもこだわりが光る、彼女のチョークアート

カフェの一周年記念に彼女が描いたメニューボードがこちら。

様々なフォントを使い分けていて、シンプルな中にもこだわりが感じられる。描く人の個性が出るのが、ハンドペイントであるチョークアートの魅力だ。


○デザインスタジオ Ludlow Kingsley
http://www.ludlowkingsley.com

○カフェ Lavender and Honey

1383 East Washington Blvd, Pasadena, CA 91104
http://www.lavenderandhoneyespresso.com

●フォトグラファープロフィール
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)


(CLUTCH編集部)

最終更新:7/20(水) 17:00

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。