ここから本文です

バルサ、ブラジル五輪代表FWの争奪戦から撤退。レアル移籍の可能性高まる

フットボールチャンネル 7/20(水) 7:00配信

 ブラジル1部のパルメイラスに所属する19歳のFWガブリエル・ジェズスに関して、バルセロナが獲得を検討していたが撤退することにしたようだ。19日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 ジェズスはパルメイラスの下部組織で育ち2015年にトップチームに昇格。今年8月に開催されるリオデジャネイロ五輪にブラジル代表のメンバーに選出されるなど、今後の活躍が期待されている。

 同紙によると、パルメイラスは移籍金2000万ユーロ(約23億4000万円)のオファーには応じない構えを示している。バルセロナと同じく関心を示していたレアル・マドリーが3000万ユーロ(約35億1000万円)を支払う構えを見せていることから、バルセロナはジェズスの争奪戦から撤退することに決めたようだ。

 そのため、バルセロナはジェズスの獲得を諦めたようだ。また、交渉が成立した場合には2016年末までパルメイラスに残り、2017年からマドリーに加わるとされている。

フットボールチャンネル

最終更新:7/20(水) 7:06

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。