ここから本文です

元学生起業家の挑戦、人工知能とつくる未来の政治

政治山 7/20(水) 11:50配信

 東京都庁が位置する東京都新宿区。約34万人の住民数に比し、昼間人口が約78万人という東京有数の人口集積地です。企業数については約1万2000社と東京23区内で第5位の規模になります(2014年・帝国データバンク調べ)。そんな新宿区の区議会において最年少(27歳)で当選した伊藤陽平さんにお話を伺いました。

「選挙とか、議員同士の交流とか、あんまり興味ないんですよね。」

【仁木】 伊藤さんとは議員になる前からの付き合いですが、いわゆる「政治家らしさ」って皆無ですよね。

【伊藤】 そうですね。僕は、選挙とか、議員同士の交流とかあんまり興味ないんですよ。議員になると様々な催事の招待状をいただきます。多くの方に名前と顔を覚えていただくためにも顔を出すのは良いとは思いますが、僕はそういう時間があれば情報収集や調査などに使いたいし、常に新しいことをやって世の中に価値を生み出すべきだと思っています。

【仁木】 やはり政治家というより、経営者ですね。学生時代に起業されたのでしたっけ?

【伊藤】 はい。21歳の時にWeb制作やシステム開発を行う会社を起業しました。

【仁木】 どうして議員になろうと思ったのですか?

【伊藤】 今思えばすごい気まぐれだったのですが、最初のきっかけは、区が発信しているTwitterで、委員の公募をしているのを知ったんです。それを見て応募し、区政について意見を述べる公募委員になったのが始まりです。そこで地方行政の現状を知ったのですが、費用対効果が考えられていないという、とんでもない状態だったんです。若い委員もおらず、20代の意見が入る余地なんてこれっぽっちもありませんでした。自分たちの税金がこんな使い方をされてるんだと、憤りの気持ちが大きかったです。

【仁木】 なるほど。会社経営をしていると、税金の負担感が大きいですよね。

【伊藤】 タックスイーターばかりが政治に群がっていて、タックスぺイヤーや若者の代弁者が極めて少ないことに危機感を覚えています。とはいえ、議会の中で一人の力には限界があるので、ブログやメディアなどを積極的に活用し、情報公開に努めています。

【仁木】 伊藤さんは毎日ブログを更新してらっしゃいますよね。本当に凄いと思います。

【伊藤】 若い世代は仕事や育児、学業などが忙しかったり、わざわざ議員に会いに来ることもないと思います。ネットで意見交換をする環境を作りたかったので、ブログも大事な有権者とのコミュニケーションの場になっています。

1/2ページ

最終更新:7/20(水) 11:50

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ