ここから本文です

ついつい買い足したくなるデニムスカート。セレブ愛用のブランドとは?!

VOGUE JAPAN 7/20(水) 22:00配信

2016.07.20
誰もがワードローブに1着は常備しているであろう定番中の定番、デニムスカート。ミニからロングまでバリエーション豊富だけれど、何よりも嬉しいのがその活躍のふり幅。テイラー・ヒルやベラ・ハディッドなどのセレブたちは、一体どんなデザインのものを選んで、どうやって着こなしているのか。彼女たちのお気に入りブランドを徹底調査!

他のセレブの着こなしもチェック!

テイラー・ヒル 長く着られるレトロなロング。

NYで撮影中のテイラーをキャッチ。この日のテイラーは、早くも秋を感じさせるボヘミアンスタイルのブラウスに、ロング丈のデニムスカートという出で立ち。サイドにボタンがあしらわれたレトロ風のスカートは、夏はサンダル、秋冬はブーツといった具合に年中無休で活躍してくれそう。1枚持っていたらコーデの幅が広がること間違いなし!

クロエ・グレース・モレッツ ダイナミックな刺繍に釘付け!

ブルックリン・ベッカムとの交際で話題を独占中のクロエは、L.A.で行われたヒラリー・クリントンの集会にグッチ(GUCCI)の刺繍装飾が目を引くプレイフルなミニスカートで出席。1枚で主役になれる大胆なデニムスカートは、変化球としてワードローブにそろえておきたい逸品。

Text: Rieko Shibazaki

最終更新:7/20(水) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。