ここから本文です

21人の政策比較―都知事選の候補者は何を訴えているのか

政治山 7/20(水) 15:30配信

 7月14日に告示された都知事選には、過去最多の21人が立候補しています。政治山では、各候補者のプロフィールと政策について調査し、比較しやすいよう一覧表にまとめました。

東京都知事選挙2016「政策比較表」
http://seijiyama.jp/article/special2/tokyo-chijisen2016/kouho-hikaku.html

 比較した項目は、「キャッチコピー、立候補の動機または自己PR」「主要政策」「政治とカネについて」「東京オリンピック・パラリンピックについて」「子育て・少子化対策」「社会保障・高齢化対策」「防災・減災」「教育・若者向け政策」「東京のあるべき姿・その他の政策」です。

 基本的には立候補の際、選挙管理委員会に届け出たwebサイト等のアドレスに記載している内容を参照し、情報の少ない候補者や項目については選挙公報から抜粋しています。「政策で選びたい」という有権者の声に、候補者は、そしてメディアはどこまで応えることができるのか。都知事選の投票日は31日(日)です。

最終更新:7/20(水) 15:30

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。