ここから本文です

TEDの代表者が語る、素晴らしいプレゼンに不可欠な要素

ライフハッカー[日本版] 7/20(水) 20:10配信

イギリス人起業家であり、非営利団体TEDの代表者でキュレーターでもあるChris Anderson氏はこれまでの人生で多くの講演を聞いてきました。そして、スピーチを本当の意味で素晴らしいものにするための、ある1つの要素に彼は気付いたのです。自身の動画の中でAnderson氏はその要素とは何か、そしてプレゼンや講演を良くするために実践すべき4つのヒントについて話しています。

Anderson氏の説明によれば、講演者の主たる目的は聴衆の気持ちで自身のアイデアを形成することです。でもそれだけにとどまりません。聴衆の世界観を変え、潜在的に聴衆のこれからの、そして未来の行動に影響を与えるようコミュニケーションを図らなくてはいけないのです。実際、それは易しいことではありません。そこで、彼は4つのヒントを示してくれています。

1. 話す大きなアイデアは1つだけ。アイデアは複雑なものです。実例のほか鮮明な詳細情報、文脈を交えつつ、一番大事なアイデアを適切に説明できるよう、与えられている時間を使って、話の焦点を集中させるのが肝要です。話を進めていく際、全ての内容が何らかの形でその1つのアイデアに収束するようにしなくてはいけません。

2. 聞き手に興味を持たせる。聴衆の興味を引き立て、皆さんの提供するアイデアを気にかけてもらえるための方法として、Anderson氏は挑発的な問いかけをするよう勧めています。

3. 聞き手の言葉で話す。聴衆が理解できないような専門用語を使うのは止めましょう。その代わりに、聴衆にとって馴染みのある例えや具体的な例を使用したりするようにしましょう。話が受け入れられるかを試す方法として、友達の前で話してみるとよいでしょう。どこがわかりにくかったか感想を聞いてみるのです。

4. 「このアイデアからメリットを受ける人は誰か?」を自問する。結局のところ、「共有する価値のあるアイデア」というのは、他人の手助けになるか、触発させることができるものです。話しているアイデアが講演者のエゴを高めるだけのものであるのなら、その程度の内容としてあしらわれ、聴衆は白けてしまうでしょう。

TED's secret to great public speaking | TED
Stephanie Lee(原文/訳:コニャック)

最終更新:7/20(水) 20:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。