ここから本文です

マット・デイモン、9年ぶり来日決定! 『ジェイソン・ボーン』ジャパン・プレミア登壇へ

リアルサウンド 7/20(水) 8:00配信

 10月7日に公開される『ジェイソン・ボーン』より、主演を務めるマット・デイモンの来日が決定した。

 本作は、2003年に日本公開された『ボーン・アイデンティティー』から始まる「ボーン」シリーズの最新作。記憶を失い、愛する者を奪われた最強の暗殺者=ジェイソン・ボーンの新たな闘いを描く。シリーズ2作目『ボーン・スプレマシー』とシリーズ3作目『ボーン・アルティメイタム』の監督を務めたポール・グリーングラスがメガホンを取り、マット・デイモン、ジュリア・スタイルズが続投するほか、『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデル、『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセル、『リンカーン』のトミー・リー・ジョーンズらが出演する。

 デイモンが映画のプロモーションで来日するのは、2007年10月に『ボーン・アルティメイタム』で来日して以来、9年ぶり。同作の来日会見の際には、「5年後、10年後の話として、もしグリーングラス監督が声をかけてくれたら、またボーンを演じたいという気持ちはある!」と話していたデイモンの言葉通り、最新作を携えて再来日することが決まった。デイモンは8月18日に都内某所で行われる『ジェイソン・ボーン』ジャパン・プレミアに参加予定。詳細は追って発表される。

 なお、映画の公式サイトでは、レッドカーペット・イベントなどに参加できるプレゼント企画や、デイモン本人に直接インタビューができるというキャンペーンの実施などが予定されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/20(水) 8:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。