ここから本文です

ドイツ代表の新星サネ、父親がレアル行きも示唆

フットボールチャンネル 7/20(水) 7:40配信

 先のEURO2016にも出場した20歳のドイツ代表レロイ・サネのレアル・マドリー入りについて、彼の父親がその可能性を語っている。18日、スペイン紙『アス』が報じている

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 現在、シャルケに所属するサネ。元セネガル代表のプレーヤーでもある父のスレイマン・サネ氏は、地元メディアに対し「どのチームとの交渉も閉ざされていない。マドリーもバイエルン・ミュンヘンにもまだチャンスはある」と述べる。

 マドリーは、2014/15シーズンのチャンピオンズリーグのベスト16でシャルケと対戦した際に、ホームのサンティアゴ・ベルナベウでサネにゴールを奪われて以来、彼への興味を示していると言われている。一方、シャルケサイドは4500万ユーロ(約53億円)以下でこの逸材を手放すつもりはないようだ。

 先日までの報道では、マンチェスター・シティがサネの獲得競争をリードしていると報じられていたが、今回の父親の発言で新たな動きが出てくる可能性もありそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/20(水) 7:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。