ここから本文です

「マシュマロテスト」から意志力のコツを学ぶ

ライフハッカー[日本版] 7/20(水) 21:10配信

タバコ、深酒、お菓子のドカ食いなど、わかっちゃいるけど、止められない...なんてこと、よくありますね。

そもそも「意志力」とは、いったい何で、どこから来るものなのでしょう?誘惑を断ち切るときに、私たちの心の中では何が起こっているのでしょう?

その解のひとつとして、興味深い研究結果があります。
ヒトの意志力に関する研究「マシュマロテスト」というもので、なかなか示唆に富んだものです。


1960年代、米コロンビア大学の心理学者Walter Mischelさんは、部屋のテーブルにマシュマロやクッキーを1つ置き、「大人が戻るまで食べずに待っていたら、もうひとつご褒美にあげるよ」と言って、4歳児を部屋に一人残し、行動を観察しました。もちろん、ほとんどの子供は待ちきれず、あっという間にお菓子を食べてしまうのですが、中には20分もそのまま待っている子供もいたそうです。

以下の米メディアABC Newsの動画は、「マシュマロテスト」と同様の実験で、キャンディとともに子供を12分間待たせたとき様子です。

お菓子を食べずに待つ子供たちには、ある共通点が。テーブルから背を向けたり、手で顔を覆ったりしてキャンディから視界をそらそうとしたり、手をたたいたり、指で数を数えたり、簡単な体操をやってみたりと、それぞれの方法で、自分の気を紛らわせているのです。

Mischelさんによると、意志力を高める方法は、気晴らしと考え方の転換だそうです。

前者は、この動画(https://youtu.be/4CYr4FgMYGI)にもあるとおり、誘惑の対象から自分の気をそらすことで、誘惑を断ち切るという方法。シンプルですね。

一方、後者は、目先の快楽を長期的な視点で捉えなおすなど、誘惑の対象への考え方を変える方法です。
ヒトは目先の楽しみについ引っ張られがちですが、Mischelさんによると、これは、感情的にこの対象を捉えてしまっているからで、冷静に経験的知識に基づき対象を捉え、考えることができれば、誘惑を断ち切ることができるのだそうです。

もちろん、意志力は、モチベーションや物理的な中毒作用にも影響を受けるものなので、誘惑に対する我慢強さだけだけで語ることはできませんが、気晴らしと考え方の転換という2つのコツは、なにかと誘惑の多い世の中で生きる現代人にとっても、有効ですね。

Willpower: A Game Of Strategy [NPR via The Food Times]

Kevin Purdy(原文/松岡由希子)

最終更新:7/20(水) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。