ここから本文です

レスターに痛手、スカウト部門の”影の立役者”がエバートンへ。近日中に発表か

フットボールチャンネル 7/20(水) 8:30配信

 レスター・シティのスカウト部門として働き、数多くの有望選手を発掘してきたスティーブ・ウォルシュ氏が、エバートンに移る可能性が高くなった。19日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

【写真】UEFA、EURO2016のベストイレブン発表! 優勝チームから計4名選出

 同紙によると、エバートンはウォルシュ氏の招聘に動いていたが、1度レスター側に拒否されていた。しかし、ウォルシュ氏がプレストンに住む家族の近くにいたいとの希望を出したため、レスターはその要望を受け入れ、エバートン側と合意に至ったとのこと。契約が成立すれば、エバートンは少なからず同氏の契約解除金を支払うことになりそうだ。

 ウォルシュ氏はこれまで、ジェイミー・ヴァーディやリヤド・マフレズ、エヌゴロ・カンテなど当時は無名だった選手を発掘している。その功績が認められ、今年5月には2018年までレスターとの契約を延長していた。しかし、今度はエバートンのもとで有望選手の発掘を行うことになりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/20(水) 8:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。