ここから本文です

室屋、ピッチ上で対峙するライバルをイメージ「サイドの攻防はすごく重要になる」

フットボールチャンネル 7/20(水) 8:52配信

 リオデジャネイロ五輪に臨むU-23日本代表は19日、千葉県内でトレーニングを行った。

【写真で振り返るハリルホジッチ監督のキャリア】

 2月に左足ジョーンズ骨折(第5中足骨疲労骨折)という怪我を負い、全治3ヶ月と診断された室屋成。リハビリの甲斐もあり、6月には公式戦復帰を果たした。同月に行われたU-23南アフリカとの国際親善試合ではフル出場。そして、リオ五輪メンバーに選出された。

 合宿初日の練習を終えた室屋は「ホンマに今日からオリンピックに向けてJリーグのことは1回忘れて切り替えようと思う」と、気持ちを五輪モードに変えていくつもりだ。

 左右どちらのポジションでも高いレベルでプレーできるが、「対峙する相手のサイドハーフは個人の力が高い選手が多いと思う」と話す。「サイドの攻防というのはすごく重要になってくる。イメージしている」と対戦するライバルに意識を向けた。

 2012年のロンドン五輪で日本はベスト4進出を果たしたが、グループステージ初戦のスペイン戦での勝利が同大会での飛躍を後押しした。「僕たちも初戦でしっかり波に乗っていけば、必ずチャンスはあると思う。本当に初戦がすべてだと思うくらいの気持ちでいきたい」と、室屋はナイジェリア戦に照準を合わせる意思を示した。

(取材:元川悦子)

フットボールチャンネル

最終更新:7/20(水) 9:34

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。