ここから本文です

Bank Band、約6年ぶりの新曲「こだま、ことだま。」配信リリース MV監督は岩井俊二

リアルサウンド 7/20(水) 14:18配信

 Bank Bandが、本日7月20日に新曲「こだま、ことだま。」の配信を開始し、あわせてMVを公開した。

 同曲は、2010年6月30日にリリースしたアルバム『沿志奏逢 3』以来、約6年ぶりにリリースする新曲。すでに7月1日より東京メトロ「Find my Tokyo.」第2弾CMソングとしてオンエアされており、7月29日から31日にかけ前夜祭を含め3日間、宮城県石巻港雲雀野(ひばりの)地区で開催する『Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016』のために、作詞を櫻井和寿、作曲を小林武史が書き下ろした。Bank Band としては、「to U」「はるまついぶき」「よく来たね」「奏逢 ~Bank Band のテーマ~」に続く、5曲目のオリジナルソングだ。

 「こだま、ことだま。」には、僕と君、空と海、誰かと何かのような、何かと何かを結びつけるという大切な「と」の存在に気付き、新たなる出会いの場所で、人と人が繋がりながら、紆余曲折して、辿り着いた「今」を肯定していきたいという願いが込められている。

 公開したMVは、「Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016”開催地である石巻・牡鹿半島の風景とそこに住む人々の日常」をテーマに岩井俊二が監督を担当。さらに、オフィシャルサイトでは、小林武史と櫻井和寿の対談を掲載中だ。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/20(水) 14:18

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。