ここから本文です

“リーダー”長友、インテル7年目の抱負を語る「上位3位に入らなきゃいけない」

フットボールチャンネル 7/20(水) 10:10配信

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都は、チャンピオンズリーグ(CL)出場権の獲得が今季のチーム目標だと語った。19日にイタリアの『カルチョニュース24』が伝えている。

 現地時間4日にプレシーズンを開始したインテルは、現在アメリカツアー中だ。そこで長友は、インテルの公式メディア『インテルチャンネル』で自身とチームの現状について語っている。

 長友は、「今季は僕にとってインテル7年目だね。だから僕はここに最も長くいる選手の1人となるんだ。最古参だよ」と自身の心境を述べた。

 チームの雰囲気も良いようだ。「とても居心地が良いね。僕がここに加入してから誰もが僕にとても親切にしてくれるし、今は本当に居心地が最高だよ。チームには最高の選手たちがいるし、みんな優秀な選手たちばかりなんだ。みんな嫌がらず何でもするし、フレンドリーだ」と語っている。

 今季のチーム目標は、CL出場権を獲得することのようだ。「昨季僕らは上位3位までに入りたかったけれど、結局4位で終わってしまって目標を達成できなかったんだ。だけど今季こそは3位までに入らなきゃいけないし、そうできるようベストを尽くす」と今季の抱負を語っている。

 今夏にはDFジャネル・エルキンとDFクリスティアン・アンサルディが加入した。しかしポジション争いに不安はないようだ。

「今季も素晴らしい選手たちが加入したけれど、僕らはリーグ戦もヨーロッパリーグも戦わなきゃいけない。だからたくさん試合があるんだ。そこで良いプレーができるよう期待しているよ」

 インテルの“リーダー”長友。これからはチームのまとめ役としても期待できそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/20(水) 10:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。