ここから本文です

サポーターが選手をネットオークションに出品!? ドイツで前代未聞の珍事が発生

Football ZONE web 7/20(水) 18:00配信

2部降格に怒り心頭? シュツットガルトのFWコスティッチに23億円の値札を付ける

 昨季ドイツ2部に降格したシュツットガルトのセルビア代表FWフィリップ・コスティッチが、不振に業を煮やしたサポーターからインターネット上のオークションで売りに出されるという前代未聞の珍事が発生した。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 23歳のセルビア代表のウインガーは、左サイドでのプレーを得意とする。昨季は5得点の成績で、ヴォルフスブルクやシャルケ、インテルも移籍先に浮上している。そして、クラブとの合意の末にシュツットガルトのプレシーズンの合宿には参加していないが、サポーターからは鼻つまみ者と見なされてしまったようだ。

 そしてあるサポーターが、大手インターネットオークションサイト「イーベイ」で、コスティッチを売り出しにかかった。2000万ユーロ(約23億2000万円)の価格を付け、「中古だが状態良好」と商品についての但し書きも添えている。

 サポーターから三行半を突きつけられた異例の事態は、ドイツ国外でも話題となっている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」とその国際電子版「ガゼッタ・ワールド」は、「シュツットガルトのファンが、イーベイでストライカーを出品」と特集している。

 記事では「サポーターは現在の多くの選手を売却することで、フレッシュな再スタートを求めている。イーベイでの投稿を見る限り、フラストレーションは明確だが、少なくともそこにはわずかながらのユーモアも存在する」とレポート。かつてレスターFW岡崎慎司とハンブルガーSVのDF酒井高徳という日本代表コンビもプレーした古豪の凋落に憤りながらも、ネットを通じて鬱憤を晴らすサポーターの機知を評価していた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/20(水) 18:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。