ここから本文です

アーセナルの新主将、元ドイツ代表DFが濃厚か。すでにヴェンゲル監督が任命?

フットボールチャンネル 7/20(水) 10:30配信

 昨季までアーセナルの主将を務めていたミケル・アルテタが退団したことで、今季から元ドイツ代表DFペア・メルテザッカーが新主将を務める見通しとなった。19日に英紙『メトロ』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 同紙によると、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督がメルテザッカーに今季の主将を任せたとのこと。昨季はアルテタが負傷離脱していた際にキャプテンマークを巻いて戦った試合もある。

 メルテザッカーは2011年にアーセナルに加入。昨季は公式戦36試合に出場し、センターバックとしてアーセナルの守備を支えた。ローラン・コシールニーやガブリエル・パウリスタとのポジション争いの中で主力の座は保証されていないものの、ヴェンゲル監督から厚い信頼を寄せられているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/20(水) 10:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。