ここから本文です

「マフレズの残留に自信を持っている」 レスター監督がバルサ移籍浮上のレフティー残留を確信

Football ZONE web 7/20(水) 19:22配信

カンテを「引き留めたかった」と語るラニエリ監督だが、後継者の台頭に期待

 レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督は、チェルシーに移籍したフランス代表MFエンゴロ・カンテに続く流出が噂される、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズの残留に自信をのぞかせている。英地元紙「レスター・マーキュリー」が報じた。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 ラニエリ監督は以前から、昨季のリーグ優勝メンバーが全員残留することを熱望していた。しかし、ボランチとして八面六臂の活躍を見せた“チームの心臓”カンテは、移籍金3200万ポンド(約44億5000万円)でチェルシーに活躍の場を移した。指揮官はカンテ放出の穴はチーム一丸となって埋められると主張。英フットボールリーグ2(4部相当)のオックスフォード・ユナイテッドとのプレシーズンマッチ(2-1)の後に、指揮官は昨季の経験を振り返っている。

「我々は彼(カンテ)を引き留めたかったが、彼は出て行くことを望んだ。問題ない。昨季はカンビアッソがチームを去った。今回はカンテだ」

 レスターは昨夏の移籍市場で元アルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソが退団。2014-15シーズン、インテルを離れ、33歳でイングランド初挑戦を果たしたベテランは、豊富な経験に裏打ちされた安定感抜群のプレーで、昇格1年目のレスターを残留に導いた。そのカンビアッソが抜けた穴を埋めた昨季と同じように、カンテ移籍の影響も最小限に抑えられると感じているようだ。同ポジションの選手として、フランスのニースから元U-21フランス代表MFナンパリス・メンディも新たに加入している。

「他のみんなもサインすることになる」

 そして、カンテに続いて移籍の可能性が浮上しているのは、昨季17ゴールを挙げてPFA年間最優秀選手賞を受賞したマフレズだ。抜群のテクニックを誇る左利きのドリブラーはスペイン王者バルセロナへの移籍が取り沙汰されているが、ラニエリ監督は残留を示唆している。

「ウェス・モーガンは新しい契約にサインした。ゆっくりゆっくりだが、他のみんなもサインすることになるだろう。とても満足しているよ。マフレズの残留にも自信を持っている」

 昨季24得点を挙げてプレミアリーグMVPに輝いたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ、リーグ戦全試合フルタイム出場を果たした主将のモーガンは、すでにレスターとの契約延長が発表された。就任1年目でプレミア制覇を成し遂げたイタリア人指揮官は、マフレズのサインも時間の問題と考えているようだ。

 旋風を巻き起こした「ミラクル・レスター」は主力の離脱を最小限に抑え、新シーズンも変わらぬ強さを見せてくれるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/20(水) 19:22

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。