ここから本文です

ナポリ会長、エースの“禁断の移籍”を改めて否定「サポーターを裏切るわけがない」

フットボールチャンネル 7/20(水) 11:21配信

 ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、チームの絶対的エースであるアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが今夏に宿敵へ移籍しないことを確信しているようだ。19日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 イグアインは、今夏に宿敵ユベントスへ移籍する可能性が浮上したことでその去就が注目されている選手だ。同クラブはイグアインと個人合意に至り、設定されている9400万ユーロ(約110億円)の契約解除金を支払うつもりでいると報じられている。

 しかし、18日に行われたリーグ会議でユベントスのジュゼッペ・マロッタCEOもデ・ラウレンティス会長もその可能性を否定。そして同会長は、「イグアインはユベントスは行かないよ。また、セリエAの別のクラブへ移籍することでさえ正当なことではない」と翌日にも再びその可能性がないことを改めて強調した。

 同会長は、「ゴンサロは我々ともう2年間契約が結ばれているんだ。契約解除金を支払うクラブが現れなければナポリに残ることになる。それだけのお金を支払えるだけのクラブはあまりない」とその理由を述べている。

「それにナポリのサポーターへ誓ったように見えていたこの愛を裏切れるかどうかも見てみる必要があるね。今のところは彼が何もしゃべってはいないことからも、この状況は単なる噂だけで生じられたものなんだ。ゴンサロは今月の25日にチームへ合流するはずだよ」

 今のところは“禁断の移籍”が実現の余地はなさそうだが、この噂のせいでイグアインの立場が悪くなったのは事実だ。果たしてどのように関係を修復するのか、今後の展開に注目が集まる。

フットボールチャンネル

最終更新:7/20(水) 11:21

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。