ここから本文です

モウリーニョが選ぶ歴代最高の3人は「メッシ、ペレ、マラドーナ」 C・ロナウドは“やはり”落選!?

Football ZONE web 7/20(水) 23:37配信

息子がツイッターで拡散し話題に CR7との確執は本当だった!?

 新シーズンからマンチェスター・ユナイテッドの指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督だが、息子がツイッター上で父親が選んだという「歴代最高のサッカー選手3人」を拡散している。このツイートではモウリーニョ監督と同じポルトガル出身でレアル・マドリードでも共闘したFWクリスティアーノ・ロナウドが外れ、バルセロナのFWリオネル・メッシが選ばれていると、スペイン紙「スポルト」が報じている。

【写真記事】元祖“神の手”マラドーナ 後継者と期待された「アルゼンチンの天才10人」

 カリスマ指揮官の息子であるジョゼ・モウリーニョJrは、GKとしてイングランドのフルハムに今季から所属している。モウリーニョJrはツイッターアカウントを持っているが、愛息はモウリーニョ監督が語ったというコメントをリツイートした。

「私にとってサッカーの歴史上で世界最高の3人はメッシ、ペレ、マラドーナになる」

 チェルシーやレアル・マドリードを率いて何度もメッシと対峙してきたモウリーニョ氏だけに、サッカー史に燦然と輝くペレ、マラドーナというレジェンドふたりに勝るとも劣らない存在感を感じているのは間違いないだろう。それは同時にメッシが、モウリーニョ氏にとってはレアル時代に確執が囁かれたロナウド以上の存在であることも意味している。

 息子のリツイートということで信憑性も感じるが、モウリーニョ監督のメッシへのリスペクト、そしてロナウドとのわだかまりは真実なのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/20(水) 23:37

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。