ここから本文です

Jリーグ、大型放映権契約により中継製作費保有・動画権料を負担。コスト削減で安価な価格に

フットボールチャンネル 7/20(水) 12:50配信

 Jリーグは20日、都内で記者会見を開き、英動画配信大手パフォームグループと放映権契約締結を発表した。

【写真】平畠啓史さんが選ぶ、J1 1stステージベストイレブン。優勝の鹿島からは最多4人を選出!

 契約は2017年から10年間で総額2100億円、年間で210億円にも上る大型契約だ。パフォームグループが提供するライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」で生中継される。これまでJリーグはスカパー!と契約をしていたが、従来よりも4~7倍程の規模とみられている。

 また、あわせてNTTグループとの協業によりJ1の全ホームスタジアムのICT(情報通信技術)化を推進する「スマートスタジアム」計画も発表。全国のJ1スタジアムのwi-fi環境整備・情報サービスを提供し、スタジアムにいながらスタッツやリプレイ動画を見ることができる。

 試合の魅力を発信していくことで新たなファン層の開拓、スタジアム来場を促す狙いがある。

 Jリーグの村井満チェアマンはこれまでの契約と新たな契約における意味合いとして、以下の5つを説明した。

1.日本初 「日本のスポーツ産業に対して、海外企業が本格的に投資」
2.世界の主要サッカーリーグ初 「有料放送権市場でインターネットサービス事業者と主契約締結」
3.日本スポーツ界初 「3社協業契約により、全国でスマートスタジアム実現へ」
4.Jリーグ史上初 「Jリーグが、放映に関する著作権を保有」
5.Jリーグの成長に向けた大きな投資資源を確保したことで、リーグ経営の選択肢が拡大

 なお、今後は中継製作費はJリーグが負担し、動画権料もJリーグが保有する。これによってコスト削減へと繋がり、より手頃な価格でJリーグ中継を楽しむことができる。

 これまでのJリーグ中継はスカパーが提供していた「Jリーグパック」が基本だったが、パフォームグループの「DAZN」ではインターネットをベースとした複数のスポーツコンテンツを定額で見放題となる。

 具体的な金額についての発表は夏以降となっているが、「魅力的な価格で」提供されることになるという。

フットボールチャンネル

最終更新:7/20(水) 14:59

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革