ここから本文です

Jリーグ、来年の月額視聴料は…「ブランチに近い値段」!? パフォームCEOが示唆

フットボールチャンネル 7/20(水) 13:19配信

 Jリーグは20日、英動画配信大手パフォームグループが提供するライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」と放映権契約を締結することを発表した。契約は2017年シーズンから10年間となり、総額2100億円にも上る大型契約となった。

【動画】J女子マネ佐藤美希とAKB小嶋真子がJリーグの魅力を語る!

 これまでのJリーグ中継はスカパー!が提供していた「Jリーグパック」が基本だったが、来年から視聴者は「DAZN」を通じて視聴することとなる。

 同サービスは、テレビやPC、スマートフォン、タブレットなど様々なデバイスを通じて高画質なライブストリーミングを視聴することができる。

 今回の新契約は、中継製作費はJリーグが負担し、動画権料もJリーグが保有することでコスト削減につなげる狙いも含まれる。

 価格帯や加入方法などの詳細は夏以降の発表となるが、パフォームグループのジェームズ・ラシュトンCEOが価格について言及した。

 現在、スカパー!でJリーグを視聴する場合は税込みで月額3000円前後だが、ラシュトンCEOは「ランチかディナーかで言うと、ディナーでは絶対にない。恐らく、ブランチに近い価格となる」と述べた。

 複数の関係者によれば月額1000~2000円程度とされていたが、今日の会見の限りでは月額1000円前後になる可能性もある。

フットボールチャンネル

最終更新:7/20(水) 13:39

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。