ここから本文です

鳥栖、フィッカ監督の“元教え子”モロッコ人FW獲得へ…得点感覚に優れるゴールハンター

フットボールチャンネル 7/20(水) 15:46配信

 J1のサガン鳥栖は、新たな外国人選手の獲得に迫っているようだ。関係者によれば、モロッコ人FWムスタファ・エル・カビルを獲得する見込みで、近日中に発表されるという。

【写真】J1 1stステージベストイレブン。優勝の鹿島からは最多4人を選出!

 オランダ国籍も持つ27歳のエル・カビルは、オランダ・エールディビジの名門アヤックスの下部組織出身。2011/12シーズンにカリアリに在籍した際には、現在鳥栖を率いるマッシモ・フィッカデンティ監督のもとでプレーしている。

 その後はスウェーデン、サウジアラビアのクラブを渡り歩き、2015年2月にトルコのゲンチレルビルレイに加入。しかし、今年7月で退団して現在はフリーとなっている。昨年のワールドカップアフリカ予選でモロッコ代表に招集されているが、出場歴はない。

 ライン裏への抜け出しや相手DFやGKとの駆け引きから一瞬で背後を取ってゴールを狙う、得点感覚に優れたゴールハンターだ。

 176cmと決して大柄ではないが、セットプレーでも抜群のヘディングセンスで多くのゴールを奪っている。

 鳥栖は同じくフィッカデンティ監督の元教え子であるイタリア人FWロベルト・アクアフレスカの獲得に興味を示していたが、金銭面で折り合いがつかずに破談。

 Jリーグでは年間ワースト2位となるゴール数に留まっている鳥栖だが、得点力不足解消のためエル・カビルは大きな鍵を握ることになりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/20(水) 16:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。