ここから本文です

メッシと写真を撮るために1キロ泳いだファン、Cロナには「警備員で近づけなかった」

フットボールチャンネル 7/20(水) 17:10配信

 スペインのイビサ島でのバカンス中に、バルセロナの元アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの2大スターと会ったラッキーボーイがいるようだ。19日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

【写真】UEFA、EURO2016のベストイレブン発表! 優勝チームからCロナなど計4名選出

 24歳のスリ氏は友人とイビサ島でバカンスをしていた。その時にヨットを見ていると、それがメッシのヨットだと気が付いたようだ。そこで彼は直ぐに携帯電話をプラスチックケースに収めると海へダイブ。メッシが乗るヨットまで1キロもの距離を泳いで行くと、同選手は躊躇うことなくヨットの中へ乗せてくれたようだ。

 しかし、携帯電話が水に濡れていて使用不能。そこでメッシは、ヨットのスタッフを呼んで写真を撮ってスリ氏に送るよう求めたようだ。スリ氏は、「電話を失ったけどメッシと写真が撮れたんだ。彼はとても謙虚で温かくもてなしてくれたよ。僕の方を向いていた時は、世界最高峰の選手と話しているようには思えなかったね」と同紙に語っている。

 別れの時間になるとメッシはスリ氏を岸まで送ってくれたようたようだ。さもなければ、来た時と同じように泳いで帰るところだったと説明し、心から感謝の気持ちを伝えている。

 さらにスリ氏は、イビサ島でのバカンス中に夜にクラブでC・ロナウドとも会ったようだ。しかしメッシの時とは違い、「握手することさえできなかったよ。警備員たちに囲まれてたから近づけなかった」と当時の状況を語っている。

 バカンス中に2名の近年のバロンドール受賞者に会ったスリ氏。きっと一生思い出に残るバカンスとなったに違いない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/20(水) 17:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。