ここから本文です

【大宮】黒川淳史インタビュー|完全復活へ。大怪我に立ち向かうルーキーの胸中(前編)

SOCCER DIGEST Web 7/20(水) 7:30配信

「回復具合は良いとトレーナーから言われている」

 好調のチームをピッチ外から眺めるしかない――。そんな悔しさを胸に、怪我からの復帰へ向けて必死にトレーニングを続けているのが黒川淳史だ。Jrユースから大宮に所属し、今季からトップチームにプロ選手として昇格。
 
 その後のキャンプ、そして山形とのプレシーズンマッチにも出場してインパクトを残した。だが……。FC東京との開幕戦でのベンチ入り、そして出場すら可能な位置にいた期待の新人を左膝前十字靭帯損傷という悪夢が襲った。
 
 それでも、絶望はしていない。「身体を鍛え直すチャンス」と捉え、日々を前向きに過ごす。徐々にプレー強度を上げ、少しずつJリーグデビューに近付いている現状を、才能豊かな若者はどう捉えているのか。その胸中を前編・後編に分けてお届けする。
 
――◆――◆――
 
――現在のコンディションは?
 
 順調ですね。前十字靭帯の手術をした人のなかでは、回復具合は良いとトレーナーから言われています。普通なら痛みがどこかしら出たりするみたいですけど、それもありません。完全復帰は今夏の終わり、9月くらいを予定しています。
 
――外での練習はいつ頃から開始したのでしょうか?
 
 4月の下旬、ゴールデンウィークあたりからです。それまでは、室内で筋トレをメインにしたリハビリをしていました。
 
――プロ入りして、いきなり長期離脱することに不安はなかったですか?
 
 大きな怪我は初だったので、最初はショックでした。ただ、チームメイトに「まだまだキャリアは続くんだから、ここで一回いろいろと見直すチャンスだと考えなきゃ。ポジティブに捉えないと」とアドバイスをもらいました。それを前向きに、すんなりと受け止められました。
 
――室内でのリハビリにはどんな心境で臨んでいましたか?
 
 吹っ切れていました。入院生活中のリハビリでは身体の基礎的な部分を見直せましたし、クラブのフィジオセラピストである堀田泰史さんの下で細かいところからやっていこうと。僕は怪我が多かったので、上に行くためにも、怪我に強い身体を一から作ろうという気持ちで臨めました。

1/3ページ

最終更新:7/20(水) 7:30

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。