ここから本文です

ポグバがマンUと個人合意。ユーベも「法外な特記事項」を考慮して売却を決断か

SOCCER DIGEST Web 7/20(水) 19:29配信

現時点ですでにユーベはライオラに支払い義務が生じている。

 ポール・ポグバのマンチェスター・ユナイテッド「帰還」が、ここにきて新展開を迎えている。
 
 ポグバの代理人であるミーノ・ライオラは今週に入ってイングランド入り。マンチェスター・U側と年俸1300万ユーロ(約15億6000万円)の5年契約で合意した。
 
 さらに7月19日には、ユベントスのジュゼッペ・マロッタGDとファビオ・パラティチSD、マンチェスター・Uのエド・ウッドワードCEO、弁護士、そしてライオラの間で会談が行なわれた。
 
 マンチェスター・Uのファーストオファーは、移籍金1億100万ユーロ(約121億円)。1億2000万ユーロ(約144億円)を求めているユーベは、今後数日の間に移籍金の引き上げやパフォーマンスや結果に応じたボーナスを要求すると見られる。
 
 ライオラとユーベの間には、よく知られているように「移籍金の20%を渡す」という協定が交わされている。2012年夏、マンチェスター・Uからフリートランスファーで連れてきたときに、ライオラがユーベに呑ませた条件だ。つまり、1億100万ユーロでポグバが移籍すれば、ライオラの懐には2020万ユーロ(約24億円)が入る。
 
 しかし、実はもうひとつ見逃せない契約事項がある。ユーベが一定額を上回る正式オファーが届いたにもかかわらず拒否した場合には、同じくその額の20%をライオラに支払わなければいけないのだ。
 
 つまり、マンチェスター・Uが1億ユーロ以上の正式オファーを出した現時点において、ユーベはポグバを残すにしても売るにしても、ライオラに2020万ユーロを払う義務が生じているのだ。
 
 もちろん、これが法外な金額であることは言うまでもない。ユーベはそうまでして引き留めるよりも、手放して移籍金を手に入れるほうを選ぶ可能性が高い。つまり、ポグバのマンチェスター・U帰還は一気に加速しているということだ。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
 
※当コラムではディ・マルツィオ氏のオフィシャルサイトにも掲載されていない『サッカーダイジェストWEB』だけの独占記事をお届けします。
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、「移籍マーケットの専門記者」という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にグアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。
 

【2016年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

最終更新:7/20(水) 19:33

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。