ここから本文です

日韓最大級のM&Aに幕、双竜の行方は振り出しに

JBpress 7/20(水) 6:05配信

 2016年6月29日、太平洋セメントは持分法適用会社である韓国のセメント大手、双竜洋灰工業の保有全株式(32.36%)を韓国のファンドに売却すると発表した。日本企業による過去最大級の韓国企業買収劇は、紆余曲折の末16年で幕を下ろすことになった。

 太平洋セメントはこれまでに800億円ほどを双竜洋灰に投資してきた。今回の株式売却額は4500億ウォン(1円=10ウォン)。450億円ほどだ。

 すでに16年間の間に株式の評価損を計上しており、太平洋セメントは今回の売却で特別利益を計上することになるが、海外投資としてはほろ苦い案件となった。

■ 外資誘致のモデルケース

 太平洋セメントによる双竜洋灰への投資は、日本企業による韓国企業への出資としては過去最大規模だった。また、韓国から見れば、「外資を誘致した韓国企業再建のモデルケース」だった。

 2000年当時は、大きな話題になり、日韓の産業界の強い関心を集めた投資案件だった。

 だが、その後16年間、世界のセメント業界も韓国の経済状況もあまりに変化し、日韓M&Aは期待ほどの成果を上げることができなかった。

 時計の針を2000年に戻してみよう。

 セメントという地味な業界で、日韓の大型M&Aが実現した背景にはいくつかの要因があった。

 まずは「売り手」に大きな事情があった。

 後で詳しく触れるが、「双竜」は韓国を代表する財閥だった。双竜洋灰はこの財閥の中核企業だった。

■ 無理な拡大策、IMF危機が直撃

 ところが、無理な拡大戦略が裏目に出て、借入金が膨れ上がり、資金繰りに大きな問題が生じていた。1997年、韓国は「IMF危機」という未曾有の通貨経済危機の直撃を受け、双竜も銀行管理になって、「財閥解体」の危機に瀕していた。

 1997年の大統領選挙で当選した金大中(キム・デジュン)大統領(当時)は、外資誘致を経済危機乗り切り札の1枚と見た。様々な企業や金融機関が外資に「売り」に出た。

 韓国最大のセメントメーカーである双竜洋灰も、銀行管理に入り、外資誘致に乗り出した。2000年に入り、双竜洋灰の首脳から太平洋セメントの今村一輔会長(当時)に、電話がかかる。

 「ラファージュから買収の打診があったが、今回は太平洋に支援してもらえるとありがたい」

 太平洋セメントはこの打診を機に一気に双竜洋灰への経営参加に動く。

■ 打診になびいた太平洋セメントの事情

 太平洋セメントにも事情があった。日本のセメント業界は1990年代に業界再編が繰り広げられた、1994年に秩父セメントと小野田セメントが合併して秩父小野田が誕生。さらに浅野セメントをルーツとする日本セメントと合併して1998年に太平洋セメントができた。

 相次ぐ合併で太平洋セメントは世界有数のセメントメーカーに急浮上した。小野田出身の今村会長にとって、「世界制覇」の夢がほのかに見えてきたときに、双竜から思いもよらぬ打診があった。

 もう1つ。仏ラファージュ(現在のラファージュホルシム)が世界で果敢にM&Aを仕かけ、これにセメックス(メキシコ)も反応して世界のセメント業界で大再編劇が始まっていた。

 ラファージュは韓国などアジア市場にも触手を伸ばしていた。

 「ラファージュが双竜を買収すれば、韓国市場を奪われるだけでなく、大量の低価格セメントが韓国から日本に流入する恐れがある」

1/3ページ

最終更新:7/20(水) 6:05

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。