ここから本文です

気分はすっかり古代ローマ人!? トルコの博物館でモザイク画を堪能

CREA WEB 7/20(水) 12:01配信

3万平方メートルにもおよぶ広さのモザイク画博物館

 ガージアンテップといえば、シリアとも国境を接するトルコ南東部にある都市。かつて盛んだった中東地域交易の中心地としてヒッタイト、ペルシャ、ローマ、ビザンティン、アルメニア、オスマン帝国など様々な大帝国の支配を経験してきた。

 そんななか、5年前に鳴り物入りでオープンしたのがゼウグマ・モザイク博物館だ。

 1990年代にビレジック・ダムの建設で水の底に沈んでしまったゼウグマ古代都市から発掘・保護できたローマ時代のモザイク画が展示されており、3万平方メートルという広大な敷地に建つ。展示サロンだけでも7000平方メートルを超える広さで、展示されているモザイク画の合計面積は1700平方メートルにもおよぶ。これは、世界最大と言われていたチュニジアのバルド国立博物館を超える規模だ。

 そもそもゼウグマとは、ガージアンテップ郊外のユーフラテス川沿いにかつて繁栄した古代都市のこと。

 紀元前300年にアレキサンダー大王の将軍、セレウコス1世によって創建された。紀元前64年にはローマ司令官ポンペイウスによってアンティオコスに町ごと贈呈され、紀元前31年以降、完全にローマ帝国の支配下となった。

「橋・通路」という意味を持つ「ゼウグマ」という名がつけられ、繁盛期には8万以上の人口があったとされている。

 そんな豊かな歴史的背景を持つゼウグマのモザイク博物館は、確かに見応えたっぷり。今ではトルコ南東部の産業都市としてイスラム教色のイメージが強いガージアンテップの町並みだが、ひとたびこの博物館に入ると、それはそれはあでやかな古代ローマ時代のモザイク画に対面できる。

 保存状態がよく、高度な修復技術が駆使されたモザイク画たちは、細かで色鮮やか。数千年前の作品とは到底思えない完璧さだ。入り口すぐのところには当時の町の様子が再現されており、美しいモザイク画を見ながらその中を歩くと、すっかり気分はローマ人。

1/2ページ

最終更新:7/20(水) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。