ここから本文です

村上龍、カンブリアの相棒・小池栄子から「かわいい」

Smartザテレビジョン 7/21(木) 5:30配信

テレビ東京系で毎週木曜夜10時に放送されている「カンブリア宮殿」が10周年&放送500回目を迎え、MCの村上龍と小池栄子が会見に出席した。

【写真を見る】小池は、ミニスカワンピースで美脚を披露

'06年4月にスタートした本番組は、企業のトップを中心としたゲストを毎回招き、作家・村上の視点を通して見えてくる企業などの本質に迫る報道番組。小池の視聴者と近い目線からの質問を交えながら、誰もが知る大企業だけではなく、地方で奮闘する少人数の企業をも取り上げ、好評を博している。

共演に緊張したゲストを聞かれると、村上は小池に「あなたは小沢一郎さんでしょ」とニヤリ。小池は小沢氏の出演回を振り返り、「ご飯に誘われましたね。丁重にお断りしましたが、もし行ってたら今ごろ立候補してたかも!(笑)」と告白。

また、小池は「(10年やってきて)なぜCM出演のオファーがこないのか。これだけ企業の社長にお会いしてるのに…。下心を持っているのがダメなのかな」とボヤくと、村上は「もっと言っていいんだよ!」とあおり立て、10年来のコンビネーションの良さを披露した。

さらに、村上は小池に「私の周りには龍さんのファンが本当に多くて。よく『龍さんってどんな人?』と聞かれるし、舞台に来てくださる日には、楽屋がザワザワしています」と明かされる一幕も。司会者から「『どんな人?』と聞かれたら何と答えているんですか?」という質問には「少年がそのまま大人になったような、かわいらしいおじさま。あとは察してください」(小池)と返答し笑わせていた。

最後に「これから番組でやってみたいことは?」と聞かれ、「スタジオ収録が中心なので、ロケにまた行きたい」と語った小池に、村上は「ロケは嫌だよ~」と苦笑い。会見でも“かわいらしいおじさま”の素顔をのぞかせていた。

■8月4日(木)第500回概要

500回スペシャルは、素材メーカーとして注目され、今後の活躍が大いに期待される若手2人をゲストに迎える。

1人は、人工クモ糸を開発したスパイバー代表執行役の関山和秀氏。従来の合成繊維を超える強さとナイロンを上回る伸縮性を持つ“夢の繊維”について語る。

もう1人は、水と木を使わず石を原料とした“魔法の紙”を作るTBM社長の山崎敦義氏。驚くべき開発と未来を信じ突き進む2人の情熱に迫る。

最終更新:7/21(木) 5:30

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。