ここから本文です

男女200人に聞く「夏本番!」を感じる音ランキング

R25 7/21(木) 7:00配信

連日の暑さに、身も心もとろけそうな人も多いことだろう。しかし本格的な夏の訪れを感じさせるのは、暑さや日差しばかりではない。風鈴の音やセミの鳴き声など、夏本番を告げる“音”も忘れてはならない。そこで、20~30代会社員男女200人(男女各100人)に、日常生活のなかで耳にすると「夏を感じる音」についてアンケート調査を行った。

■夏を感じる音TOP10
(全16項目から1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。R25調べ/協力:アイリサーチ)

1位 セミの鳴き声 317pt
2位 風鈴の音 286pt
3位 打ち上げ花火の音 215pt
4位 盆踊りや夏祭りの太鼓の音 147pt
5位 波の音 56pt
6位 高校野球中継の音(応援やサイレンも含む) 42pt
7位 扇風機が回る音 38pt
8位 蚊の羽音 28pt
9位 線香花火の音 20pt
10位 夕立の雨音 10pt
10位 氷が溶けグラスにあたる音 10pt
10位 冷房の室外機の作動音 10pt

※番外
13位 川のせせらぎ 6pt
14位 遠くで鳴る雷の音 5pt
15位 幽霊が出る時の効果音 2pt
16位 炭酸飲料のフタを開ける音 2pt

どこか“日本”を思わせるような、夏の風情を感じさせる音色がズラリと並んだ印象だ。では、これらを選んだ人の声に耳を傾けてみよう。

【1位 セミの鳴き声】
「暑くならないと聞けない音、いよいよ夏本番という感じがするから」(28歳・男性)
「蝉が鳴き始めたら梅雨が明けて夏になったと思うから」(31歳・女性)
「セミが鳴くと、たいてい梅雨明けの発表があるから」(29歳・女性)
「蒸し暑い中うるさいとイラっとする。このイラっとする感情は夏特有のものだと思う」(38歳・女性)
「ジリジリと聞こえてくると、小学生の頃の夏休みを思い出すため」(29歳・男性)
「ジーワジーワと聞くと夏が始まったなと思い、ツクツクホウシの声を聴くと夏が終わるなと感じる」(31歳・女性)
「一番耳につくため」(26歳・女性)

【2位 風鈴の音】
「暑い夏の中、風が吹く感じが夏っぽいから」(24歳・女性)
「毎年、隣の家から聞こえるから」(32歳・男性)
「実家の母屋に年中吊り下げているが、暑さを少し和らげてくれる。涼しい音が夏を思わせるから」(24歳・女性)
「夏の暑さには涼しさを感じる風鈴の音がよく合うと思うから」(37歳・男性)
「窓を開けて風が入ってくる様子が想像できるから。音を聞いただけでも涼しく感じられるから」(24歳・女性)

【3位 打ち上げ花火の音】
「夏の風物詩として大いに盛り上がるイベントのひとつであるから」(25歳・男性)
「夏といえば花火」(31歳・男性)
「他の季節には聞けない音だから」(34歳・女性)
「大きな音で、夏にしか聞けない音だから」(39歳・男性)
「今までの人生で夏に頻繁に聞いてきたから」(25歳・女性)

【4位 盆踊りや夏祭りの太鼓の音】
「お祭りの始まりといえば夏」(33歳・女性)
「夏にしか聞こえないし、一番郷愁を誘うから」(24歳・男性)
「いやがうえにもテンションが上がる」(30歳・女性)
「夏!っていうイメージが」(37歳・男性)

【5位 波の音】
「海に行きたくなる」(36歳・女性)
「近くに海があるから」(34歳・男性)

【6位 高校野球中継の音】
「テレビをつければこれが流れているといったイメージ」(39歳・女性)
「暑い日が来たと思ってしまう」(35歳・男性)

【7位 扇風機が回る音】
「毎年恒例なので」(35歳・女性)
「夏に使うから」(27歳・女性)

【8位 蚊の羽音】
「暑さが伝わる」(34歳・男性)
「蚊が出始めると夏の兆しを感じるから」(27歳・女性)

【9位 線香花火の音】
「懐かしい」(21歳・女性)
「何となく」(33歳・男性)

【10位 夕立の雨音】
「暑い日があって、夕方雨が急に降って、涼しくなる。それがなんとなく夏らしく感じる」(32歳・女性)
「涼しさを感じさせる」(34歳・男性)

※「氷が溶けグラスにあたる音」「冷房の室外機の作動音」はコメントなし

むせかえるような草の匂いや、陽炎揺らめくほこりっぽい風景などとともに、夏の情景が脳内再生された人も多いのでは? あまりにも日常であるだけに気にも留めないかもしれないけど、今年は夏の音色に耳を澄ませて、季節を堪能してみてはいかがだろうか。

(吉々是良)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/21(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。