ここから本文です

竹内力×火将ロシエル!コスプレ美女が大物俳優に物申す

東京ウォーカー 7/21(木) 12:01配信

さまざまなゲーム、アニメの公式コスプレイヤーを務め、複数のテレビ番組にもレギュラー出演するなど、多方面で大活躍中のコスプレタレント・火将ロシエルさん。そんな彼女が、コスプレの魅力を世に広めるべく、各界の著名人との対談企画に挑戦!記念すべき第1弾対談には、俳優であり、演歌歌手の竹内力さんが登場!終始、竹内さんのペースに振り回されながらも、ちゃっかりコスプレの世界に誘おうとするロシエルさんの奮闘ぶりを紹介しよう。

【写真を見る】異色のふたりによる貴重な対談写真を20点掲載

ロシエル「今日はよろしくお願いします。早速ですが、竹内さんはコスプレをご存知でしたか?」

竹内「もちろん!特に、日本のアニメは海外でも人気だから、フランスやアメリカでは、ものすごくコスプレが流行っていると聞いたことがある。でも、アニメのキャラクターって10頭身くらいあるから、日本人がやるとなかなか似合わないんだよな」

ロシエル「日本が舞台のアニメでも、キャラクターは外国人のようなスタイルで、顔立ちもはっきりしていることが多いですからね。海外コスプレイヤーが演じた方が、似合うケースも多いです」

竹内「そこをメイクや衣装のクオリティで補って、負けないように頑張っているわけだ。コスプレって、趣味で楽しむものだと考えていたけど、それをビジネスとして成立させているのはすごいと思う。ロッシーも、あと2~3年もすれば、年商500億円くらい稼ぐようになるんだろうね」

ロシエル「そうなれるように頑張ります(笑)。ちなみに今日は、『マジシャンズデッド』というアーケードゲームに登場する、クラリスというキャラクターの衣装なんですけど、いかがでしょう?」

竹内「(等身大パネルと見比べつつ)絵から飛び出してきたのかと思っちゃった。でも、やっぱりロッシーの方がかわいいな。それにしても、俺のなかでは“コスプレ=アニメ”というイメージだったから、ゲームキャラクターのコスプレもあるとは知らなかった。最近、ニコニコ動画を見始めて、ようやく初音ミクは分かるようになったんだけどね」

■ 意外な共通点!武器作りに込めた、それぞれのこだわりとは?

ロシエル「竹内さんといえば、漫画原作の映画やゲームといった、コスプレ要素の強い作品にも数多く出演されていますよね。特に、制作総指揮も務められた『ムラマサ』シリーズでは、劇中に登場する武器のデザインも監修されたとお聞きしたのですが…」

竹内「物作りが好きなんだよ。『ムラマサ』は、登場人物が200人近くいるんだけど、刀ひとつ取っても、キャラクターごとに装飾を少しずつ変えているから、その辺りにも注目して観てほしいな」

ロシエル「実は私も、自分で武器を作っていまして。これは『ファンタシースターオンライン』というゲームに登場する武器なんですけど、段ボールで出来ているので、すごく軽いんですよ」

竹内「(受け取りつつ)本当だ。これなら振り回しやすいけど、映画の撮影には不向きかも。素材が段ボールだから、殺陣のシーンで使ったら、すぐに壊れちゃうだろうね」

ロシエル「コスプレイヤーの場合、イベントに出演する際は長時間、武器や小道具を持ち続けないといけないので。とにかく軽量化を優先して、できるだけ軽い素材で、武器や装飾を作るようにしているんです」

■ ゲーム対決もあり!最新アーケードゲームのコスプレで共演が決定!?

ロシエル「いよいよ、今回の対談の核心となりますが、竹内さんはコスプレにご興味はありますか? もしよかったら、いっしょにコスプレに挑戦してもらいたいのですが…」

竹内「そんなに頼まれたら、やらないわけにはいかないな。昔から『北斗の拳』のラオウが似合いそう…と言われていたんだけど、やるとしたら、もっと体を鍛えないといけないし、身長もあと20cmは伸ばさないと(笑)」

ロシエル「私と『マジシャンズデッド』のキャラクターで合わせる、というのはいかがですか?ゲームそのものも面白いので、きっと楽しんでいただけると思います」

竹内「(ゲームのPVを見つつ)最近のゲームは、こんなに進化してるの?これは面白そう。本格的にコスプレに挑戦してみたいね。他のキャラクターに扮したコスプレイヤーも集めて、俺の冠番組でゲーム対決をするのもアリだな」

ロシエル「ゲーム対決、是非実現したいですね!ちなみに竹内さんは、歌手としても活動中で、7月20日(水)には新曲『今夜また逢いに行く』が発売しましたが、こちらについても教えていただけますか?」

竹内「演歌としては2曲目のシングルで、全国の歓楽街を盛り上げるために作った曲なんだ。歌詞の内容は、スナックで出会った男と女の物語になっているんだけど、昔懐かしいムード歌謡だな。若い世代には、かえって新鮮に感じてもらえると思うし、ロッシーにも、この歌詞が似合うようないい女になってほしいね」

ロシエル「しっかり聴かせていただいて、そうなれるよう努力します。今日はコスプレから新曲に関するエピソードまで、いろいろお話しいただきまして、ありがとうございました!次回は是非、コスプレ姿でご出演いただけると嬉しいです!引き続き、よろしくお願いします!」

竹内さんのコスプレデビュー&ゲーム対決の話が飛び出すなど、大盛り上がりのうちに終了した、今回の対談。はたして、第2弾、第3弾企画には、どのような著名人が顔を出してくれるのか?今後の動向が気になる人は、火将ロシエルさんのTwitter(@Kasyou3roshieru)をこまめにチェックしよう。【東京ウォーカー/取材・文=ソムタム田井】

※取材時の衣装は、今冬より稼働開始予定のアーケードゲーム「マジシャンズデッド」のクラリス。

最終更新:7/22(金) 22:13

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。