ここから本文です

歓声があがる!黄色と緑のお団子の正体は?

東京ウォーカー 7/21(木) 15:02配信

夏はビールに枝豆が定番だけど、おつまみだけじゃもったいない。実はこの枝豆、大豆と緑黄色野菜のいいとこ取りをした野菜。大豆のたんぱく質、野菜のβカロテン、ビタミンCが豊富で疲労回復に効果的。またとうもろこしには糖分が多く、暑い日のエネルギー補給として取り入れたい。この2つを衣に使った蒸し団子をご紹介。緑と黄色の見た目も華やかで、食卓に出した瞬間、歓声があがるはず。

【写真を見る】塩ゆでは作る過程の塩分を考慮して

【枝豆ととうもろこしの蒸し団子】(1人分498kcal、塩分1.6g)

<材料・2人分>枝豆200g、とうもろこし1本、たね(豚ひき肉200g・玉ねぎ1/4個・れんこん50g・しょうが1かけ・卵1/2個・しょうゆ・ごま油各小さじ1・塩・こしょう各少々)、つけ合わせ(ミニトマト4個・パセリ少々)、練りがらし適宜、塩、しょうゆ

<作り方>(1)枝豆は塩を加えた熱湯でゆでて実をさやから出す。とうもろこしは包丁で、実をこそげてはずす。玉ねぎ、れんこん、しょうがはみじん切りにする。(2)豚ひき肉にその他のたねの材料を加えてよく混ぜ、8等分する。それぞれ丸くまとめ、4つずつとうもろこし、枝豆をまわりにまぶしつける。(3)湯気の立った蒸し器で約10分、(2)を蒸す。皿に盛り、くし形に切ったミニトマト、パセリを添え、しょうゆ、練りがらしを添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/21(木) 15:02

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。