ここから本文です

【MLB】上原、緊急降板でレ軍ブルペン陣駒不足もファレル監督は強気。「田澤ら他にも試合を締められる投手がいる」

ベースボールチャンネル 7/21(木) 6:50配信

開幕前に最強と謳われたリリーフ陣だが……

 現地19日、レッドソックスの上原浩治は、4点リードの9回表に登板するも、わずか7球で右胸の違和感を訴え緊急降板。試合は上原の後に登板したトミー・レインが打者2人を抑えレッドソックスが勝利した。MLB公式サイト『MLB.com』は「上原が胸を痛め、9回でマウンドを去る」と報じている。

 4点リードの9回表にマウンドに上がった上原。先頭のブランドン・ベルトを三振に打ち取ったものの、次打者バスター・ポージーへの初球スライダーが高めに外れると、胸を抑えるようなしぐさを見せ、ベンチとキャッチャーに合図、そのまま降板となった。

 試合後、上原は通訳を通して「筋肉痛のようなものだと思う。それほど深刻なものではない」と語ったものの、チームは水曜日の再検査の後、今後の対応を決める予定だ。

 ただでさえ故障者に苦しんでいる救援陣だけに、上原が離脱するようなことになれば、さらに苦しい状況に陥る。

Uehara's injury has the potential to be a big blow to the team's bullpen. With Craig Kimbrel on the disabled list with a left knee injury, Uehara has been acting as the team's closer, converting his last five save opportunities.
上原の怪我はチームの救援陣への大打撃となる可能性がある。左ひざの怪我で故障者リスト入りしているキンブレルに代わり、上原はクローザーの役割を務め、直近5度のセーブ機会を任されていた。

田澤は近日復帰予定

 昨オフにトレードでパドレスからメジャー最強の守護神クレイグ・キンブレルを獲得、マリナーズからカーソン・スミスも獲得し、田澤・上原の日本人コンビと併せて、リーグ屈指のブルペンと評判高かった今季のレッドソックスブルペンだが、ここまでは開幕前の期待を裏切っている。

 キンブレルは7月9日の故障者リスト入りまでに17セーブをあげ奪三振率13.64と球威こそ健在だったものの、制球に苦しみ防御率は3.55と本来のピッチングからは遠い状態。復帰まではまだしばらくかかる見込みだ。昨シーズン、マリナーズで70試合に登板したスミスも故障を繰り返しここまでわずか3登板だ。

 ここまで35試合に投げ防御率3.62の田澤も、現在は故障者リスト入り。春こそチームのリリーフ陣を一人で支えていたものの、6月以降調子を崩すと、現地3日の登板を最後に右肩のインペジメント症候群で戦線離脱した。

 現地19日の試合前時点で、期待されていたブルペンカルテットのうち、アクティブロースターに残っているのは上原のみとなっていた。その上原もここまで39試合に投げ、被本塁打8本、防御率4.50と本調子には遠い状態。しかしここまでの4登板は連続でセーブをあげるなど復調の気配を見せていただけに、離脱となればチームには大きな打撃となる。

 期待していたリリーフカルテットが全員離脱する緊急事態となっているが、ファレル監督は、今季途中加入のジーグラー、そして近々復帰予定の田澤がいれば大丈夫だと強気の姿勢を崩さない。

“As we've had to go to other guys to step up, we'll look to do that. I can't tell you at this point how much time Koji will miss,“ Farrell said. “Taz is soon to return to us, to give us a another quality arm that's a proven late-inning guy. With Brad here, again not knowing how long Koji will be down, we've got other options to go to to close out ballgames.“
「他の選手たちに頑張ってもらわないといけないし、それを期待している。現時点では上原がいつ戻ってくるかを明言することはできないね」とファレル監督は言う。「田澤はすぐに戻ってきて、後ろのイニングを任せられる存在の1人になってくれるはずだ。ジーグラーもいるし、上原がいつ戻ってくるのかはわからないが、我々には試合を締めくくれる選手が他にもいるよ」

 田澤は早ければ今週金曜日にも復帰できる見込み。それでも依然ブルペンの駒不足という事実は変わらない。上原が深刻な怪我ではないことを祈るばかりだ。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:7/21(木) 6:50

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。