ここから本文です

あの体操選手が熱愛!? リオ五輪開幕直前! 競泳、ラグビー、新体操…注目の美人アスリート列伝

サイゾー 7/21(木) 15:00配信 (有料記事)

スポーツ記者らが夏季五輪を語る!

 8月5日から、ブラジル・リオデジャネイロで開催される夏季オリンピック。目玉競技、目玉選手が少なくイマイチ盛り上がりにに欠ける感もあるが、どっこい実は、美人アスリートの宝庫だとの話も。そこで、そんなリオ五輪を取材予定のスポーツ記者らに集ってもらい、選手らのウラ側について思う存分語ってもらった。

【座談会参加者】
A:全国紙ベテラン記者
B:スポーツ雑誌編集者
C:スポーツライター

A うーん、8月5日に開幕予定のリオデジャネイロ五輪は、とにかく盛り上がる要素が少ないよね。日本選手団の主将を務める吉田沙保里(レスリング)の4連覇や内村航平(体操)の個人総合2連覇など、金メダルが確実視されている選手はいるけれども、ほかに目玉と呼べるような選手がいない。

B 五輪の直前にケガをして日本中を心配させ、「田村で金、谷でも金」みたいな名文句をさらりと言ってのける柔道の谷亮子みたいな存在が、今のスポーツ界にはいません。「ママでも金」こそ成就しませんでしたが、ああいう自己プロデュース能力に長けたアスリートはなかなか現れませんね。

A 112年ぶりに五輪に復帰したゴルフは、男子のトッププロが相次いで出場を取りやめ、とうとう松山英樹まで辞退した。五輪への出場権があるにもかかわらず、出場しないアスリートなんて国内初ではないか。

C 彼は過去に蚊に刺されて大きく顔を腫らした【1】経験などもあり、虫に対するアレルギー反応を懸念しての出場辞退。それが広く報道されましたから、批判する人も少ないでしょう。松山のマネジメントを担当するIMGは、そのあたりがなかなか抜け目ない。本文:6,086文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:7/21(木) 15:00

サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2016年12月号
11月18日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:人気映画の裏話
第2特集:「アスペ」増殖論争勃発か?
第3特集:「春画」ブームの正体