ここから本文です

デンバ・バ、現役引退説を否定。早期復帰を誓う「キャリアは終わらせない」

フットボールチャンネル 7/21(木) 7:01配信

 中国スーパーリーグの上海申花に所属するセネガル代表FWデンバ・バは現地時間17日に行われた上海上港との試合中に負傷し入院している。選手生命にかかわる大怪我だが、同選手は現役引退説を否定し、再びピッチに戻ってくることを誓った。英紙『デイリー・メール』が報じている。

 デンバ・バは試合中に相手のスン・シャンからタックルを受け、よろけたところに相手選手が左足を引っ掛けたことで足があらぬ方向に折れ曲がる大怪我につながってしまった。そして、ピッチ外に担架で運ばれた後、病院に搬送されている。

 上海申花を率いるグレゴリオ・マンサーノ監督は試合後に「彼のキャリアが終わるかもしれない」と、現役引退につながりかねない事態だと説明した。しかし、デンバ・バは「これは本当にひどい怪我だけど、僕は乗り越えることができると思っている。キャリアを終わらせるつもりはない、それは確かだよ」と答え、再びピッチに戻ってくることを誓っている。

「ハテム・ベン・アルファのように、同様の怪我から戻ってきた選手もいる。今は以前よりも遥かに医療が優れているし、今回は早く復帰できると思っているよ。今シーズンは11月に終了し、新たなシーズンは3月に始まる。僕はその後のシーズンに間に合うように最善を尽くすだけさ」

 現時点で正確な離脱期間は明らかになっていないものの、約8ヶ月かかるとの情報もあれば、1年以上先になるとの情報もある。いずれにしても、長期離脱は避けられないが、再び元気な姿をピッチの上で見せてくれる日がくるはずだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/21(木) 7:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。