ここから本文です

1999年都知事選との不思議な因縁

政治山 7/21(木) 11:50配信

 今回の都知事選は戦後20回目となりますが、候補者数21人は過去最多です。これまでの最多は1999年4月に行われた第14回都知事選で19人でした。

 この時の選挙も保守分裂の選挙となり、今回と関係のある人物が多く登場するなど不思議な相関性があります。

自民、党本部と都連の一部が分裂

 1995年の都知事選でほとんど組織の力を借りずに当選した青島幸男知事が不出馬を表明し、民主党を離党した鳩山邦夫氏(今年6月21日死去)を後継指名しました。

 一方、自民党本部は森喜朗幹事長が指揮を執って、明石康・元国連事務次長を擁立します。この年の10月に成立する自自公連立政権に配慮し、公明党との選挙協力を円滑にするために同調しやすい人物を選んだ結果でした。

 ところが、柿澤弘治・自民党東京都連幹事長がこの決定に反発し、衆院議員を辞して立候補します。柿澤氏は党に反旗を翻したとして自民党を除名されました。現在、民進党所属の柿沢未途・衆院議員(沢は略字体)は、この時の父の出馬を機にNHK記者を辞職し、政界に入るきっかけとなりました。

 保守分裂はこれに留まりませんでした。今回辞職した舛添要一氏も、自民党都連の一部に推されて無党派で立候補します。

保守陣営5分裂の大乱戦

 さらに告示直前のタイミングで、1995年4月に国会議員を辞職していた石原慎太郎氏が、1975年以来の都知事選出馬を表明しました。結局、保守陣営から石原、鳩山、舛添、明石、柿澤の5氏が乱立する大混戦となります。

 選挙戦のさなかに石原氏は自民党都連から怪文書を撒かれ、ファクス送信した人物を告訴し、自民党や都連が謝罪に追い込まれました。

 現在の都連会長は石原氏の長男である石原伸晃・経済再生担当相。今回、都連が推薦していない候補者を議員本人や親族が応援した場合に「除名等の処分の対象」とする文書を石原都連会長、幹事長の内田茂都議らの連名で所属議員らに配布し物議を醸しています。父・慎太郎氏は自民党と対決する立場でしたが、長男・伸晃氏は都連会長として指揮する立場です。

1/2ページ

最終更新:7/21(木) 11:50

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。