ここから本文です

セキュリティ対策にも最適! ラフに使えるアクションカメラ

エイ出版社 7/21(木) 17:10配信

Wi-Fi対応のウェアラブルカメラ『DrivePro Body 20』を発売

トライセンドジャパンは、Wi-Fi対応のウェアラブルカメラ『DrivePro Body 20』を発売する。

『DrivePro Body 20』は高品質のMLCチップを採用した内蔵32GBのストレージと長寿命の内蔵バッテリーを搭載。1,080PのフルHD録画に加え、ワンタッチスナップショット機能を備え、動画だけでなく静止画も簡単に撮影、保存することができる。さらにWi-Fi機能を搭載しており、『DrivePro Body 20』をスマホの専用アプリを介してストリーミングで閲覧することも可能だ。

『DrivePro Body 20』は防水性、耐久性は高くアクセションカメラとして最適。同時に発売される『DrivePro Body 20P』はデータを保護するセキュリティ機能が強化されており、防犯カメラとしても使うことができる。

Windows OSに対応した専用ツール『DrivePro Body Toolbox』を使えば、本体の録画データをフォーマットしたり、ファームウェアの更新も行うことができる。さらに、複数台を同時に使う時に便利な6つのポートを持つ充電ドックも発売される。

【製品仕様】
●S32GDPB20A(通常モデル)
想定実勢売価:1万5800円(税込)

●TS32GDPB20P(セキュリティモデル)
想定実勢売価:1万9800円(税込)

サイズ:88.4×52.2×19.4mm
重量:88g
レンズ:F/2.8、160°ワイドアングル
マイク:内蔵
解像度/フレームレート:フルHD(1920×1080)/30fps
動画フォーマット:H.264(MOV形式)
ストレージ容量:内蔵32GB(増設不可)
接続インターフェース:USB 2.0
バッテリー:リチウムポリマー(1,530mAh)
電源供給:入力 AC 100V-240V、50-60Hz、最大0.4A 出力 DC 5V 2A
IP保護等級:IPX4
動作環境温度:-20℃~65℃

【INFORMATION】
トランセンドジャパン http://jp.transcend-info.com/

最終更新:7/21(木) 17:10

エイ出版社

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。