ここから本文です

ビジョナリー・シビルサーバント

政治山 7/21(木) 15:30配信

 私の2015年4月からの1年間は、早稲田大学マニフェスト研究所人材マネジメント部会(以下、「人マネ」)と組織への挑戦の日々でありました。「人マネ」との出会いで何が変わったのだろうか。組織へどのような影響を与えることができたのだろうか。変わらなかったことは何だろうか。これまでを振り返るとともに、現在の心境と、そしてこれからの展望を述べてみたいと思います。

異端児の孤独

 私の市役所人生は、深いコンプレックスを抱えながら、スタートしました。中野市とは縁もゆかりもないよそ者であり、根無し草のように吹いて飛んでいきそうな刹那的な生活を送っていました。なぜそんなにも不安定で自己コントロールができなかったのか、自分でもよく分かりませんでした。暗闇の一筋の光明として自分を支えていたのは、「誰かの何かの役に立ちたい」という強い思いだけでした。それが公務員という職を選んだただひとつの理由でした。

 コンプレックスを払拭するためには、仕事に一心不乱に打ち込むことしかありませんでした。上司や同僚は、私に対して親切に接してくださいました。しかし、思いや価値観を共有できないという孤独感はぬぐい去ることができず、自分の居場所探しに必死になり日々悶々と過ごしていたことを覚えています。それから10数年後、1つの転機が思いがけず私に訪れることになりました。

組織の垣根を越えて感じた「新たな可能性」

 2014年は、私にとって大きな転機となった年でした。当時は、選挙管理委員会事務局に配属され、度重なる選挙事務に忙殺されていました。そんな中、投票率アップという1つの目的のために、組織の垣根を越えたチームが結成されたのです(長野県庁「職員による政策研究」)。メンバーは、長野県職員、山ノ内町職員、中野市職員という多様な人材がそろい、目的のために自ら研究し、実践するという得難い体験をすることができました。このチームの取り組みは、様々なメディアで取り上げられ、有権者へのPRという一定の成果を出すことができました。それ以上に、異なる自治体職員が対話をして、実践し、成果を上げるという、これまで経験したことのない「力強い動き」「新たな可能性」を感じることができました。そのことが、次のステップである「人マネ」につながると、この時はまだ気づいていませんでした。

(参考)2014長野県庁「職員による政策研究」報告書(PDF)
http://www.pref.nagano.lg.jp/career/shokai/taike/documents/013_touhyou.pdf

1/3ページ

最終更新:7/21(木) 15:30

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。