ここから本文です

キャサリン妃が妹ピッパの結婚式で花嫁付添い人を務めない理由

ハーパーズ バザー・オンライン 7/21(木) 13:09配信

世界で最も有名なブライズメイドが、ついに花嫁に! キャサリン妃の妹ピッパ・ミドルトンが、恋人のジェームズ・マシューズと婚約をした。 多くの人が、キャサリン妃が妹の結婚式で花嫁付添い人を務めるだろうと推測して(そして願って)いるだろうけれど、ピープル誌によると、それはどうやら実現しないらしい。 
 
「ケイトは妹よりも目立ってしまう」と王室ジャーナリストのジュディ・ウェイドは語る。「ピッパにとってはもどかしい状況です。彼女は一番信頼できる姉にそばにいて欲しいと思うはずですが、彼女は将来の英国女王。キャサリン妃は花嫁よりも明らかに注目を引いてしまいます」

【写真】幸せいっぱいのピッパ・ミドルトンと婚約者

ウェイドはもっともなポイントを突いている。もし結婚式が夫婦の結婚というこの1点のみの儀式だとしたら、実際のプリンセスが付き添いをすることはその目的の実現を難しくしてしまう。さらに、キャサリン妃は子どもたちの面倒も見なくてはならないはずだ。ピープル誌が指摘するように、彼らはウエディングで務めるべき役割があるのだ。

「キャサリン妃はおそらくできるだけ目立たないところにいたいと思うでしょう」とウェイドは推測する。ピッパがキャサリン妃の結婚式でそうであったように。
 
もちろんピッパの結婚式なのだから、姉をブライズメイドに任命するかどうかは彼女の決断によるもの。だから、二人のツーショットが見られる望みはまだ捨てる必要はない。しかし、一つだけ言えることは、ピッパの結婚式はとてつもなく美しいものになるだろうということ。その日を今から楽しみに待ちたい。

最終更新:7/21(木) 13:27

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。