ここから本文です

<ダイエットの季節>いくら食べても大丈夫?「カロリーゼロ」はゼロじゃない!?

ファンファン福岡 7/21(木) 17:42配信

成人女性が1日に必要なカロリーは?

 暑い季節になってくると、薄着になり肌の露出も増えますよね。夏に向けてダイエットを始める人も多いでしょう。体重、体型の管理のためにまず気になるのが「カロリー」ですよね。
 女性にとって1日に必要なカロリーはおよそ1,700kcalといわれています。しかし、実際には年齢による基礎代謝量と身体活動レベル(1日にどれくらい動くか)によって必要とされるカロリーは違ってきます。人によって違いますが、基礎代謝量が低くあまり歩かない生活、デスクワークの多い仕事などでは、カロリーを必要以上に摂取すると体重増加につながることも。

いくら食べても大丈夫?「カロリーゼロ」はゼロじゃない

 カロリーを抑えたい、そう思った時に気になるのが「カロリーゼロ」という食品。「カロリーゼロならいくら食べても大丈夫!」と思いたくなりますよね。特にダイエット中は食事制限のストレスが大きく、その反動でたくさん食べたくなるものです。
 でも、この「カロリーゼロ」食品。実は0kcalではありません。カロリーに関する表示は健康増進法によって決められていて、食品100g(飲料水などは100ml)あたり5kcal未満であれば「カロリーゼロ」として表示しても良いとされています。このほかに「無」、「ノン」、「レス」、「フリー」という表示を使っている食品も実際のカロリーは「カロリーゼロ」と同じ基準となっています。

よく似た表示も!カロリー表示をチェックしよう

 「カロリーゼロ」などの表示とよく似たものに「カロリーオフ」というものも。また、「低カロリー」や「カロリーライト」と表示するものもあります。これらは、食品の場合「100gあたり40kcal以下」、飲料の場合には「100mlあたり20kcal以下」であれば表示できることになっています。
 表示を見ると安心してしまいがちですよね。でも、カロリーは含まれているので食べ過ぎないようにしたほうが良いでしょう。購入する前に成分表示の欄をしっかりチェックして、実際のカロリーを確認しておくといいですね。

ファンファン福岡

最終更新:7/21(木) 17:45

ファンファン福岡

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。