ここから本文です

アンチェロッティ、古巣レアルにFWレバンドフスキの非売宣言

フットボールチャンネル 7/21(木) 7:50配信

 バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ新監督は、レアル・マドリーへの移籍の噂のあったFWロベルト・レバンドフスキの売却を否定した。20日、スペイン紙『アス』が報じている。

 これまでにもレバンドフスキは「新しいチャレンジをしたい」と述べ、一部報道ではマドリーと個人合意したとの報道も出た今回の移籍話。新指揮官はこれについて「マドリーには、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドなどたくさんの優秀な選手がいる。この上、レバンドフスキが必要なのかい」と述べる。

 そして、「仮に彼らがレバンドフスキを望んでも、我々は彼を売ることはない。なぜ、自ら進んで世界屈指のFWを手放さねばならないのだ」と続け、古巣マドリーへの売却を否定している。

 また、マドリーのFWアルバロ・モラタとのトレードという噂についても同様に「真実は、それがただの噂だということだ。モラタは私が抜擢した選手だし、素晴らしいプレーヤーだ。しかし、レバンドフスキとのトレードは決してない」と否定している。

フットボールチャンネル

最終更新:7/21(木) 7:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革