ここから本文です

中日・大島洋平、サイクルヒット達成。過去、NPBで複数回達成した選手は3人のみ

ベースボールチャンネル 7/21(木) 17:00配信

かつて中日に在籍したアレックスは日米で達成

 中日の大島洋平が7月20日の広島戦でサイクルヒットを達成した。これはNPB史上64人目、68回目の快挙だ。
 大島はこの試合で、1打席目に本塁打、2打席目に二塁打、3打席目に三塁打、そして4打席目に単打を放ち、サイクルヒットを達成した。

 このようにサイクルヒットとは、1人の打者が同じ試合で単打、二塁打、三塁打、本塁打を記録した場合を指す。

 NPBでは1948年10月2日の金星スターズ戦で大阪タイガースの藤村富美男が記録したのが最初だ。
 しかし、藤村から1963年4月25日の阪神戦で達成した巨人の王貞治まで、22人23回のサイクルヒット達成者は、新聞でクローズアップされ、報道されることはなかった。

 日本野球界では、それまで「サイクルヒット」が偉業であるとは一部を除き、認識されていなかった。

 1965年7月16日の近鉄戦でサイクルヒットを達成した阪急のダリル・スペンサーが「サイクルヒットを達成したのに、なぜ誰も質問しないのだ」と言い出して、これ以降、NPBでもようやく大きく報じられるようになった。

 なお中日ドラゴンズ・名古屋ドラゴンズを含めてサイクルヒットを記録した選手は、原田徳光、前田益穂、立浪和義、井端弘和、福留孝介、アレックス・オチョアに続く7人目となる。ちなみにアレックスはMLBでも達成。唯一日米でサイクルヒットを記録したのはアレックスだけだ。

 大島は、初回先頭打者ホームランを皮切りにサイクルヒットを達成したが、これは広島・衣笠祥雄(1976年7月7日巨人戦)、阪神・真弓明信(1979年5月20日中日戦)、広島・ロサリオ(2014年9月20日巨人戦)に続いて史上4人目となる。

 サイクルヒットは78人が89回記録しているノーヒットノーランよりも回数が少なく希少な記録だ。

最高回数はローズの3回

 過去に2度以上サイクルヒットを記録したのは以下の選手だ。

3回 ロバート・ローズ(横浜)
 1995年5月2日中日戦
 1997年4月29日ヤクルト戦
 1999年6月30日広島戦

2回 藤村富美男(大阪)
 1948年10月2日金星戦
 1950年5月25日広島戦

2回 松永浩美(阪急、オリックス)
 1982年10月8日南海戦
 1991年5月24日ロッテ戦

の3人しかいない。プロ野球人生において、複数回のサイクルヒットを達成するのは至難の業だ。

 ちなみに現役選手でサイクルヒット記録を持っているのは、松井稼頭央(西武時代2000年6月7日近鉄戦)、福留孝介(中日時代2003年6月8日広島戦)、細川亨(西武時代2004年4月4日日本ハム戦)、そして大島洋平の4人。

 この中から史上4人目の複数回サイクルヒットを記録する選手は出てくるだろうか?

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:7/21(木) 17:00

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。