ここから本文です

ジダン、不遇の若手FWに移籍の勧め

フットボールチャンネル 7/21(木) 8:10配信

 レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、同チームの若手FWヘセ・ロドリゲスに移籍を勧めているようだ。19日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真で振り返る】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 北米ツアー中のマドリーのジダン監督は、会見の場において、「ヘセはお気に入りの選手だが、もし私が彼の家族であれば、もっと他のクラブで出場機会を得るようにというだろう」とコメントした。

 こうした発言の背景には、今季も出場機会の増加が見込まれないことがある。昨季はリーグ戦28試合に出場し5ゴールをマークしたヘセ。しかし、スタメン7試合でフル出場はなし。平均出場時間も約29分という長さだった。今季も、クリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルのBBCに加え、ユベントスから復帰のアルバロ・モラタや、スペイン代表に選出されたルーカス・バスケスらとの争いが待っている。

 フロントも、DFダニエル・カルバハルやモラタ、バスケスなど、レンタル移籍を経験し、大きくなってチームに帰ってきた、他のマドリーのカンテラ(下部組織)出身の選手と同じステップを23歳のヘセにも歩んでもらいたいと望んでいるようだ。

 現時点でも、ドイツのドルトムント、レバークーゼン、スペインのエスパニョールがヘセに関心を見せているということだ。ヘセ自身の決断次第では、去就問題が急展開する可能性もありそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/21(木) 10:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。