ここから本文です

あの“天才”指揮官がプレミアに帰ってくる!? 激震のサンダーランド後任監督に急浮上

Football ZONE web 7/21(木) 17:50配信

アラダイス監督のイングランド代表への引き抜きで、モイーズ氏が緊急就任か

 マンチェスター・ユナイテッドなどを率いたデイビッド・モイーズ氏が、サンダーランド監督に就任する可能性が急浮上した。サム・アラダイス監督のイングランド代表監督就任に伴いプレミア復帰を果たすと、英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 プレミアに突如起きた玉突き人事によって、あの男が帰ってくる。アラダイス監督は、欧州選手権16強での敗退後に辞任したロイ・ホジソン前監督の後任として、イングランド代表監督就任が濃厚となっている。シーズン開幕直前での指揮官引き抜きに激怒しているサンダーランドだが、渋々後任探しに動き出しており、現在フリーの身であるモイーズ氏の就任の可能性が急浮上した。

 モイーズ氏は2002年から13年までエバートンで長期政権を築き、その評価を高めたが、13年に名将アレックス・ファーガソン氏の後継者としてマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任後、キャリアは急転した。クロスとロングボールを主体とした独特のスタイルは名門に馴染まず。現在ドルトムントでプレーする日本代表MF香川真司も出番を失い、チームも輝きを失った。

 相手サポーターからも、迷走ぶりに皮肉を込めて「ジーニアス(天才)」と呼ばれるほど低迷し、14年4月に1シーズン持たずに退任。その後、同年11月にスペイン1部レアル・ソシエダ監督に就任したが、こちらも1年で解任となった。

 失敗続きのモイーズ氏だが、緊急事態のサンダーランドを強化し、その名声を取り戻すことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/21(木) 17:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。