ここから本文です

リバプール18歳GKが“FWとして”トップデビューの珍事 クロップ監督「彼はワンダフルだった」

Football ZONE web 7/21(木) 18:59配信

親善試合ハダーズフィールド戦での想定外の起用に、スタンドからは大歓声

 ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールで、GKがフィールドプレーヤーとして投入される珍しい一幕があった。親善試合のハダーズフィールド戦で、18歳のGKシャマル・ジョージがセンターフォワードとしてピッチに立ち、観客を沸かせた。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 リバプールはMFマルコ・グルイッチのゴールによって1-0とリードした後半、元ブラジル代表MFルーカス・レイバがハムストリングを負傷。すでに6選手を交代していたリバプールには、起用できるフィールドプレーヤーが残っていなかった。そのため、クロップ監督はU-18チームに所属する18歳の控えGKジョージを呼び寄せると笑顔で指示を送った。後半23分、ジョージはGKユニホームからフィールドプレーヤー用の真っ赤なシャツに着替え、ストライカーとしてトップチームデビューを飾ることになった。

 ジョージは最初のボールタッチでいきなりMFラザル・マルコヴィッチへスルーパスを供給したが、パスがわずかに長くなり合わなかった。ぎこちない動きではあったが、最前線から積極的に相手にプレスをかけるなど精力的な動きを見せた。カウンターのシーンでは自ら最終ラインの裏へ抜け出る点取り屋さながらの動きも見せたが、わずかにオフサイドとなった。ジョージがプレーに関与するたびに、スタンドからは大きな歓声が上がっていた。

 クラブの公式サイトを通じて、クロップ監督はジョージの起用はベンチからの提案があったと明かしている。

地元紙はジョージに10点満点を与える

「(ジョージ起用は誰のアイデア?)私は10人でシステムを構築しようとしていたら、ベンチのみんなが『カモン、シャマルがいるじゃないか』と言ったんだ」

 さらに、指揮官は「不運にもルーカスが負傷してしまった。だからシャマルをストライカーとして起用するフォーメーションに変更した。彼はワンダフルだったよ」と若武者の奮闘を称えている。

 リバプールは終了間際にDFアルベルト・モレーノがPKで追加点を奪い2-0で勝利した。そして英地元紙「リバプール・エコー」はこの親善試合の採点を公開。ジョージに満点となる「10」を付け、「アカデミー出身のティーンエイジャーは、プレシーズンマッチで最初の出場を果たした――それもフィールドプレーヤーとして! それだけでも『10』を与えられる。なんてデビューだ。モレーノはPKを彼に蹴らせるべきだった」と評した。

 本拠地アンフィールドでゴールマウスに立つことを夢見る未来のスターにとって、忘れられない一日となったことだろう。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/21(木) 18:59

Football ZONE web