ここから本文です

セビージャ会長がフランス人FWに接触するバルサとアトレチコを牽制 「47億円以下では売却しない」

Football ZONE web 7/21(木) 19:56配信

昨季16得点のガメイロへのオファーを認めた上で、安売りしないと宣言

 セビージャのフランス人FWケビン・ガメイロ獲得を巡って、アンダルシアの雄とバルセロナ、そしてアトレチコ・マドリードの間で三つ巴の戦いが起きている。そのなかでセビージャ会長が地元ラジオ局に出演し、「4000万ユーロ(約47億円)以下では売却しない」と両クラブをけん制した。スペイン地元紙「マルカ」が報じている。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 ガメイロは身長172センチとストライカーとしては小柄ながら、昨季リーガでチーム得点王となる16ゴールを奪った。今季からホルヘ・サンパオリ監督が指揮を執り、日本代表MF清武弘嗣らが加入したなかでも得点源として期待を寄せられているが、その高い決定力はリーガの強豪バルサとアトレチコも目をつけており、特に興味を強く示しているのが闘将ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレチコだという。

 昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で準優勝に終わったこともあって、シメオネ監督は補強の必要性をフロント側に説き、「9番」、すなわちストライカーの強化に力を入れようとしている。

 そうしたなかでチェルシーの元スペイン代表FWジエゴ・コスタの古巣復帰を画策したものの、アントニオ・コンテ新監督はこのオファーを拒否。そこでフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンと同じフランス人のガメイロにターゲットを変更したという。セビージャのホセ・マリア・デル・ニド会長も接触があったことを認めている。

新チームでも得点源となることを期待

「両クラブがガメイロのためにオファーを出していることは事実だ。しかし我々は、4000万ユーロ以下で売却するつもりはない。我々としてはホルヘ・サンパオリのプロジェクトの中心にケビンがいてほしいのだ」

 ガメイロは現地時間の日曜日、リーベル・プレートと戦ったプレシーズンマッチで先制点を挙げるなど、新チームでも中軸であることは間違いない。新シーズンに向けて積極的な補強が目立ったセビージャだが、アトレチコとバルサのオファーに対して耐えきることはできるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/21(木) 19:56

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。