ここから本文です

リバプールが苦肉の策!? 若手GKがFWとして出場。クロップも称賛「素晴らしいプレー」

フットボールチャンネル 7/21(木) 11:20配信

 リバプールのユルゲン・クロップ監督は、シーズン前のテストマッチで苦肉の策を強いられてしまったようだ。

 現地時間20日、リバプールはチャンピオンシップ(イングランド2部)のハダーズフィールドと親善試合を行ったが、この試合で18歳の若手GKシャマル・ジョージがフィールドプレーヤーとして出場することになってしまった。

 マルコ・グルイッチのゴールで1-0とリードしていたリバプールだが、80分にMFルーカス・レイバが負傷してしまう。

 シーズン前の親善試合のため交代枠の制限はなかったが、すでに6人の選手を交代させていたリバプールのベンチにはGKのジョージ1人しか残されていなかった。

 しかし、クロップ監督は残り10分を10分で戦うよりも、ジョージをフィールドプレーヤーとして出場させることを決断し、FWのポジションに起用。背番号が書かれていないフィールドプレーヤー用のユニフォームを着用し、ダニー・イングスと2トップを組んだ。

 クロップ監督はこの交代策を振り返り、「不運なことにルーカスが負傷し、シャマルをストライカーとして起用しなければならなかったので、フォーメーションを変更した。彼は素晴らしいプレーだったよ。10人でのフォーメーションを考えていたら、ベンチから『まだシャマルがいるぞ!』と言われたんだ」とオフィシャルサイトを通じて述べ、ジョージのプレーを称えた。

 なお、試合は終了間際にアルベルト・モレノがPKを決めてリバプールが2-0で勝利している。

フットボールチャンネル

最終更新:7/21(木) 11:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)