ここから本文です

かりゆし58、「アンマー」もとに有川浩氏が書き下ろした小説発売 同時購入キャンペーンも

リアルサウンド 7/21(木) 17:10配信

 かりゆし58の楽曲「アンマー」に着想を得て、作家・有川浩氏が書き下ろした小説『アンマーとぼくら』が発売された。

 有川浩氏は『図書館戦争』『植物図鑑』などのヒット作を生み出している作家。同楽曲は、2006年7月にリリースした彼らの初シングルで、曲名の“アンマー”は沖縄の言葉で “お母さん“の意味を示す。発売からちょうど10年後の今年、かりゆし58と多くの人々の出会いから生まれた様々なストーリーと有川浩氏との出会いが重なり、同小説が誕生した。

 また、同小説の発売を記念して、かりゆし58のアルバムとの同時購入キャンペーン『本とCDと沖縄とぼくら~本を読んで、CDを聴いて、沖縄へ行こう!~』を開催することが決定した。なお、小説の初版分限定で、今年5月8日(母の日)に開催した10周年記念ツアーファイナル公演の「アンマー」ライブ映像を試聴できるQRコードを封入する。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/21(木) 17:10

リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。